マーケット分析20210120

マーケット分析

こんにちは~。水曜日です。
ほとんどの通貨ペアで、やや方向感ができにくい状況が続いています。
今日はいくつかピックアップして紹介します。為替、仮想通貨の順番です。

まずは乱高下気味のドル円です。

USD/JPY


USD/JPY(DAY)
日足のシナリオは変わりません。まずはピンク色のトレンドが続く可能性を考えます。現在は調整中と思われます。調整の内部は乱高下しやすいというのはよく解説しているのですが、直近のドル円は特に乱高下しています。中期のシナリオをしっかりと把握しておくと混乱しなくて良いです。

USD/JPY(4H)
高値圏で乱高下しています。高値をつけて以降の動きに着目すると、最初は下落の方が勢いが強かったです。しかし、直近では上昇の方が勢いが強く、現在の下落がやや緩やかになっています。よって、今まで通り下のFR61.8%を達成に行くシナリオと並行して、いったん上に抜けるシナリオも考えておいた方が良さそうです。その上昇で高値を抜けるかは別です。

USD/JPY(1H)
1時間足にすると乱高下がよく分かります。このような相場ではしっかりと上下に引き付けるのが良いです。ここからですが、まだ反発の兆候はないので下値余地はありそうです。ただ、直近の動きを見ると強く上昇した後の緩やかな下落です。再び上をトライする可能性は考えた方が良さそうです。分岐点になりそうなのがPivotS1です。ここを下に抜けるようなら下のFR61.8%までの下落シナリオが優勢になりそうです。逆に、ここから反発するようなら上に抜ける可能性も考え始めた方が良くなるかもしれません。

EUR/GBP

EUR/GBP(WEEK)
週足レベルのH&Sに注目しているので週足を載せておきます。ネックラインをブレイクするとH&S成立で赤いラインがターゲットになります。過去にも解説した通りです。

EUR/GBP(DAY)
現在はネックライン手前で調整中です。直近数本のローソク足を見ると上値が重そうで、いかにも続落前の調整っぽい動きです。これがブレイク前の調整の可能性が高いですが、長期足のH&S手前なので調整に時間がかかる可能性は考えておいた方が良さそうです。ブレイクしたと思ってもまだ調整中だったということはよくあります。

EUR/GBP(4H)
4時間足ではすごく上値が重そうな形で、短期では下落の可能性が高そうです。仮に下落したとしてH&Sターゲットに向けた下落になるかどうかは現時点では分かりませんが、その可能性が十分にあります。

EUR/GBP(1H)
短期ではトレンドラインをブレイクする直前に見えます。ここを下に抜けるとまずはPivotS1、次にPivotS2や直近安値がターゲットになります。下落が大きいようならこのままH&S成立というシナリオも考えられそうです。

次は仮想通貨

ビットコイン(BTC)

BTC/USD(DAY)
強く上昇した後の調整中だと思われます。長期足の解説は過去記事をご覧ください。現在の調整で、とりあえず三角形の内部で推移するシナリオを描いていましたが、複数のシナリオを考えておくと良いです。仮に三角形を下にブレイクしたような動きになっても、それが強い下落に繋がるという根拠は今のところありません。

BTC/USD(4H)
上下のFR61.8%で跳ね返されながら三角形を作ってきました。現在は三角形の下限をトライしています。ここからパターン的にはここから反発する可能性もあったのですが、現在の下落の勢いを見る限りではやや強めです。下に抜ける可能性も考え始めた方が良いです。仮にこのまま上昇しても日足トップにダイバージェンスがつくので上値余地が限定的になりやすいです。日足でRSIが50を下回るまで調整した方が上値余地は大きくなりやすいです。まずはペナント、その次はフラット、その次はジグザグ、という風に下落が浅いシナリオから順に考えると良いです。現在ペナントの可能性が小さくなりつつあります。

BTC/USD(1H)
現在PivotS2です。ここから勢い良く反発するようならペナント上ブレイクの可能性も出てきます。反発が弱いようなら上昇はお預けで、次はフラットかジグザグの可能性を考え始めると良さそうです。

イーサリアム(ETH)

アルトコインは個人的に最近は注目しているイーサリアムを載せておきます。

ETH/BTC(MONTH)
僕はアルトコインを対フィアットではなく対BTCで見ているので、この通貨ぺアで解説します。ビットコイン相場(BTC/USDなど)で仮想通貨市場の大局観を見て、アルト/BTCで具体的にどの通貨が強いのかを見ています。
イーサは今月に入って大きめの陽線になっています。強い状態で月末を終えるようならFR38.2%手前や、最終的にはFR61.8%上までの上値余地も見えてきます。

ETH/BTC(WEEK)
着色した部分で弱気になったので一時はどうなることかと思いましたが、現在はトレンドラインを上に抜け強く上昇中です。安値圏全体の動きを見るとソーサーボトムやカップ&ハンドルのようにも見えます。(僕はほとんど気にしないパターンです。)とりあえず目先で強いです。

ETH/BTC(DAY)
トレンドラインをブレイク後は調整して再び強く上昇中です。まだ反落の兆候はないので続伸する可能性が高そうです。次の上値目安は赤いラインです。ここを上に抜けるとそこそこ大きな上昇を期待できそうです。

ETH/BTC(4H)
短期の上昇トレンドも見えてきます。こちらも反落の兆候はないので、今日のうちだと少なくともPivotR1までは上値余地がありそうです。その上には直近高値が控えているのでどうなるかは分かりません。しかもRSIにはダイバージェンスがつきそうです。上昇するにしてもやや大きめの調整を挟む可能性を考えておくのが妥当そうです。

今日は以上です。

解説で使用しているチャート:CryptoAltum
https://portal.cryptoaltum.com/register?refid=326
デモ口座で分析ができるのでオススメです。

色々とできる振興取引所:FTX
https://ftx.com/#a=6921317
僕はレバレッジトークを買ってみたり、色々と試しています。少しクセがあるので最初は使いにくく感じました。

それでは頑張りましょう♪

コメント

  1. 山崎 より:

    輸入業務を行う経営者としては為替の影響が心配ですが、
    大統領が変わりご祝儀相場の影響がどう出るでしょうかね。
    (個人的には沖縄の緊急事態宣言が出なければ自由に遊べるのですが)

    • うちゅーじん より:

      輸入屋さんだと為替の影響は大きいでしょうね。
      アメリカの量的緩和が縮小に向かうと少し苦しくなるかもしれませんが、まだ先なのかな~と思っています。
      山崎さんは沖縄お好きですね~。すばも良いですが、ぜひ野菜もお食べください。

      • 山崎 より:

        そうですね。ウチは円で決済したいのですが、
        USD、EURO等、取引先によっては自国の通貨を使いたいので困りますね。
        またUSD80くりらいになれば、ウハウハの時代が待っています(^^♪

        私は沖縄大好きなので、経費で良く飛んでいます(笑)
        すばも食べ過ぎて太ったので、野菜も食べるようにいたします。

        うちゅーじんさんは、ネズミ(?)なので、主食はチーズですかね!?
        私の様に肥満体系は将来、健康に影響が出ますが、痩せすぎず程々が良いですよ。

        • うちゅーじん より:

          1ドル80円の時代、懐かしいです。個人的には今回の下落は90円台前半が下限かなーと思っていますが、何事もあり得るのが相場です。
          どうにかして為替の影響をプラスに活かしたいものですね。

          はい、ぜひ。
          健康がなければ楽しくお金を使うこともできませんからね。

          そうですね、痩せすぎも不健康らしいので、気にかけるようにします。
          ちなみに僕の主食はごはんです。冷めてもおいしいタイプの新米が好きです。

タイトルとURLをコピーしました