マーケット分析20200521

マーケット分析

こんにちは~。木曜日です。
今日もイベントが多い日です。夕方からユーロ圏やイギリスの経済指標、そして夜にはアメリカの経済指標、深夜にパウエルFRB議長の発言、そして時間未定ですが南アフリカ中央銀行の政策金利発表(トレード対象にしている方は少ないとは思いますが、場合によっては他の通貨にも影響します)があります。

複数のチャートを見ている方は気付いたと思いますが、NYダウより先に日経平均が上値ターゲットのFR61.8%を達成してきました。徐々にリスクオフの巻き戻しが終わりそうな雰囲気になってきました。この調子でNYダウやドル円・クロス円も上値ターゲットを達成してくるとリスクオフ再開のタイミングを計りやすそうです。今日は上値ターゲットを達成した日経平均から解説します。

日経225

日経225(Week)
上値ターゲットを見やすいように週足から載せます。このように、直近の下落に引いたFR61.8%を達成しました。ここから上は上値が重くなる可能性が高いです。

日経225(DAY)
日足ではウェッジに近い動きになっています。FR61.8%を達成しましたが、現時点で反落の兆候はありません。NYダウやドル円・クロス円が上値ターゲット未達成である点を考えると、日経ももう少し上昇する可能性はあります。ただ、買いを検討するのなら日経より他に適したものがあります。日経平均が上値ターゲットを達成したことで「リスクオフ再開の目安となる条件の一つが達成された」程度に考えておくのが良さそうです。

日経225(4H)
FR61.8%達成でトップにダイバージェンスがついています。現時点でまだ上昇トレンドではあるので、グレーで示した価格帯ではサポートされやすいです。もし高値を更新することなくピンクで示した安値を下に抜けた場合は下落再開となる可能性が高まります。

短期足は省略します。

NYダウ

NYダウ(Week)
日経と比較しやすいように週足から載せます。こちらは上値ターゲットのFR61.8%を未達成です。中長期ではターゲット達成後に反落するシナリオを描いています。

NYダウ(DAY)
ピンク色で示した上昇トレンドは終わったのですが、その後はジグザグで調整した後に再び上をトライに行っている状況です。FR61.8%までは上値余地がある可能性を考えています。

NYダウ(4H)
トレンドラインを上に抜けた後は高値圏に止まっています。調整後に続伸する可能性が高そうです。どんな調整パターンになるかは現時点では分からなくて、ジグザグ、フラット、ペナントを考えておくと良さそうです。

NYダウ(1H)
3通りの調整パターンを描いています。これらのうちフラットとペナントの場合は反発するラインがほぼ同じになりそうです。ジグザグになった場合のみ安値を更新します。すべて把握しておくと良い対応ができると思います。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)
シナリオは以前から解説している通りですが、意外と上昇が弱いので早い段階で下落し始める可能性も考えておいた方が良さそうです。

USD/JPY(4H)
昨日まではピンク色で示したようにジグザグでFE100%を達成に行くシナリオを優先していましたが、勢いをつけられずやや深くまで調整して反発しています。シナリオを微調整し、既にトップをつけた可能性も考え始めた方が良さそうです。トレンドラインを下に抜けるとその可能性が高まります。

USD/JPY(1H)
短期ではまだ上値余地がありそうですが、直近高値を更新後のパターンには要注目です。

GBP/USD

GBP/USD(DAY)
日足レベルのシナリオは変わらずで、Wトップのターゲットに向けて下落する動きです。

GBP/USD(4H)
現在ネックラインへのリトライ中だと思われます。FR61.8%手前から反落しました。ここからは短期シナリオを微調整して、二つの調整パターンを考えておくと良さそうです。ジグザグとフラットです。まずは浅い戻りのフラットを想定しておきます。

GBP/USD(1H)
調整後に安値を更新するとRSIにダイバージェンスがつきます。その後はいったん反発する可能性が高いですが、その勢いに注目です。ジリジリとした上昇ならフラットの可能性が高いです。逆に上昇の勢いが強ければジグザグの可能性が高いです。

GBP/AUD

GBP/AUD(4H)
週足FR61.8%下の価格帯に突入していますが相変わらず下落が強いです。浅く調整して続落するという動きを繰り返しています。直近でダイバージェンスがついていますが、まだ下値余地がありそうです。

GBP/AUD(1H)
昨日は黒色で示したようにジグザグの調整パターンを想定していましたが、B波のジリジリとした下落から急落して安値を更新しています。直近で調整のような上昇なので、まだ戻り売りを狙えそうな動きです。

GBP/AUD(15M)
15分足も見てみます。FR38.2%を達成していますが、やや上方向へ勢いをつけつつあります。優先シナリオはFR61.8%達成後の反落で、もし早い段階でトレンドラインを下に抜けたら柔軟に対応するのが良さそうです。

今日は以上です。
それでは頑張りましょう♪

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました