【MT5の取引履歴をEXCELへ】トラックレコードの作成方法(1分で完了)

MT5から取引履歴書を作成する記事です。

FX初心者

FXを始めて約1年・・・。勝ったり負けたりの繰り返しで、結局プラスマイナスゼロの状態になっているなあ。莫大な時間を費やしたんだけど成長しないなあ。

うちゅーじん

トレーダーとして成長するためには検証と改善を繰り返すことが必要だよ。1ヶ月が終わる毎に、過去のトレードを振り返るのさ。まずは取引履歴書(トラックレコード)を作ることから始めよう。

FX初心者

『取引履歴書』って、どの通貨ペアをどう取引して最終的にいくらの利益か、ということ?それならスマホでも確認できるけど・・・?

うちゅーじん

それは取引履歴のほんの一部で、実はあまり役立つ情報ではないよ。もっと大切な情報はたくさんあるのさ。

FX初心者

え~?そうなの?見たことな~い!

うちゅーじん

だろうね。この記事ではMT5から取引履歴書を作成する方法を解説するよ。1分もあればできる作業だから、ぜひ習慣化してみてね。

FX初心者

わかった~!!

MT5から取引履歴書(トラックレコード)を作成する方法

Window10版MT5のキャプチャを使って解説します。普段スマートフォンでトレードしている場合でも、PCからMT5にログインすれば同じ方法で作成できます。

MT5を起動する

配色やツールのレイアウトは人それぞれだと思いますが、僕のMT5はこんな感じになっています。

『ツールボックス』を開く(クリックまたは[Ctl+T]でショートカット)

『口座履歴』タブへ移動する

すると、この口座の取引履歴一覧が見られます。ちなみにモバイル版MT5でも見ることができます。ここまでは多くの方が見たことある情報だと思います。

取引履歴の適当な場所(どこでもよい)を右クリックして『期間指定』をクリック

出力したい期間を指定する

ここでは2019年1月分の取引履歴を出力します。図のように始点と終点を入力しOKをクリックします。

指定した期間のみの取引履歴が表示されました。

取引履歴の適当な場所(どこでもよい)を右クリック→『レポート』→『Open XML (MS Office Excel 2007)』をクリック

『保存』をクリック

これにて作業は完了です。『ReportHistory-(あなたの口座番号).xlsx』というファイルが保存されたと思います。

作成した取引履歴書(トラックレコード)を開く

では、保存したファイルを開いてみましょう。指定した期間(ここでは2019年1月)の取引履歴書を確認できます。

上から順に、次のような内容になっています。

  • ポジション一覧
  • 注文
  • 約定
  • 現金残高グラフ
  • 結果

ちなみに、検証と改善を行う上で特に大切になるのは次の二つです。

  • ポジション一覧
  • 結果
FX初心者

『結果』には聞きなれない言葉がたくさん書かれているなあ。プロフィットファクターにドローダウン、他にもたくさん・・・。よく分かんないや~!

うちゅーじん

これらが大切な情報だよ。このあと自分で少し付け加えると、もっと良くなるよ。この続きはまた別の記事に書こうかな。とりあえず、この記事ではMT5から取引履歴書を作成する方法を解説したよ。毎月の習慣にしてね!

FX初心者

わかった~!!

MT5対応のブローカー

MT5対応のブローカーはいくつかありますが、個人的にはXMがオススメです。ブローカーについては色々な噂がありますが、結局は上手く利用することが大切です。知識だけを蓄えた初心者にありがちな『A-book=善』『B-book=悪』という考えは間違いだし、あまりにも安易です。悪いのは、FXの仕組みを利用してギャンブルしているトレーダーなのです。(この辺りの話は別に詳しい記事を書く予定です。)

専業トレーダーが無料であなたの成長をサポート!FX口座開設特典
このブログからXMの口座を開設した方に特典を渡しています。追加口座でもOKです。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。