【FX初心者へ】勉強しているのにナゼ勝てない?成長者にインタビューしてみた!

インタビュー
FX初心者
FX初心者
  • たくさん勉強しているのにFXで成果が出ない。
  • 一時的には利益が出るけど、それが続かず結局は損失に終わる。

こんな方はすごく多いと思います。なぜ勉強しているのに勝てないのか?勝者と敗者の違いは一体何なのか?実はちょっとした考え方の違いだったりします。

今回は、成長を実感しているトレーダーの方にインタビューすることでその「違い」を見つけてみようと思います。3名の方にインタビューしていますが、なんと3名ともトレード歴1年未満の初心者です。

初心者トレーダーが自分の言葉で成長の理由について話したものなので、すごく親しみやすく読みやすい記事になっている思います。

グループ内の状況とインタビューの対象

まず、誰にインタビューしたのかを説明します。僕は2018年半ばから約1年間、数十名のトレーダーを対象にビットコインFXのチャート分析マガジンを配信しつつコミュニティを運営してたのですが、この画像はそのグループ内でのアンケート結果です。(現在ビットコンFXのコミュニティは休止、外国為替コミュニティのみ運営しています。)

ちなみにチャート分析マガジンの配信を開始したのが6月からなので、約2カ月経過後のことです。この短期間で回答者の約80%の方が成果が良くなったと答えています。僕自身、この成果には良い意味で驚いています。トレード歴が1年未満の初心者トレーダーでも、正しい知識を得てそれらを実践することができれば、約2ヵ月という短期間で成果が良くなるということが証明されたからです。

インタビューの対象は、このアンケートで『良くなった』と回答してくれた3名のトレーダーさんです。冒頭にも書いた通り、3名ともトレード歴1年未満の初心者です。

勉強しているのに成果が出ない原因とは?

もしもあなたが「勉強しているのに勝てない」と悩んでいるのなら、まずはその原因を明らかにする必要があります。勉強しているのに成果が出ない原因は、だいたい次の4つです。

  1. 勉強内容が間違っている
  2. 勉強内容が偏っている
  3. 勉強内容は正しいが理解できていない
  4. 正しい知識はあるが実践できていない

このように言葉にしてしまうと非常に単純なことです。あなたはどれに該当するでしょうか。一つかもしれませんし、複数かも知れません。しかし残念ながら、あなたがどれに該当するのか、あなた自身では判断できないのです。

ただし、例えば次に該当する方は1. 勉強内容が間違っている2. 勉強内容が偏っているである可能性が高いです。

  • 超高勝率を目指して損切りせずナンピンばかりしている
  • 画面が理解していないインジゲーターだらけになっている
  • 必勝法を探している
  • 一攫千金を狙っている
  • 「たった○ヵ月で○万円を○億円にした方法」に釣られてたくさんの情報商材を購入している

あくまで、可能性が高いというだけです。

ちなみに今回インタビューした3名の初心者トレーダーさんには、僕から最低限の正しい知識を提供しています。よって1. 勉強内容が間違っている2. 勉強内容が偏っているでないことは確かです。質問体制も整えているので3. 勉強内容は正しいが理解できていないである可能性も低いです。

インタビュー

前置きが長くなりました。それではインタビュー内容を見てみましょう。会話の中ににさりげなく重要なことが潜んでいる可能性があるので、注意深く読んでみてください。あなたが勉強しているのにFXで勝てない原因とは、果たして何なのか・・・?

インタビュー Jさん(トレード歴5ヶ月)

うちゅーじん
うちゅーじん

Jさんこんばんは!

Jさん
Jさん

うちゅーじんさんこんばんは!

うちゅーじん
うちゅーじん

早速質問です。Jさんのトレード歴はどのぐらいですか?ビットコインFXの他にトレード経験はありますか?

Jさん
Jさん

トレード歴は半年未満ですね。5カ月くらいです。経験したのはビットコインFXのみです。

うちゅーじん
うちゅーじん

ビットコインFXのみ5カ月のご経験ということですね。以前はどうやって勝とうとしていましたか?そして成果はどうでしたか?

Jさん
Jさん

以前はスキャルピングをしていました。一目の雲と有料のインジゲータ、後はひたすらTwitterで情報を集めてエントリーの根拠としていました。シナリオメイキングは人まかせで、明確な根拠のないトレードをしていました。恐怖心からポジション量は少な目でしたが、最初の4ヵ月で原資の半分以上は軽く失ったと思います。辛い体験だったのでよく憶えてません。

うちゅーじん
うちゅーじん

ありがとうございます。Jさんの仰るスキャというのは1分足を見ながらの超短期トレードという認識でよいですか?

Jさん
Jさん

はい、そうです、1分足で細く取っていく感じでした。ただ、時間感覚が詰まってる感じがストレスでした。

うちゅーじん
うちゅーじん

では現在、トレードの方法と成果はどのように変化していますか?

Jさん
Jさん

15分足をメインに違う時間足と比較しながら、現在の方向性を常に意識するようになりました。無駄なエントリーが減り、シナリオが存在するときだけエントリーするようになりました。

うちゅーじん
うちゅーじん

前半は、トレンドを意識するようになったということですか?後半は、分析してみて分からなければ様子見するようになった、という認識でよいですか?

Jさん
Jさん

はい、どちらもそれで良いです。以前までは往々にして自分のエントリーがトレンドに反していました。トレンドを意識するとこんなに楽なんだということを実体験できたということです。性格的に、訳の分からないものには突っ込んでいく傾向があるので、自我を抑えて自分の理解できないものには一度ポーズを置くとどうやらお金が減らないということを学びました。

うちゅーじん
うちゅーじん

以前は無意識のうちに相場に対して逆張りしていたということですね。トレンドフォローを心がけるとトレードの難易度が下がったと思います。後半にある自我を抑えることはすごく重要です。感情でトレードするとほぼ必ず最終的に負けますからね。

Jさん
Jさん

結局、そうすることで、どうやら色々なことをより効率化できるらしい、という気付きを得ました。それは自分の資産をリスクに晒してる時間だったり、その間のストレスだったり。

うちゅーじん
うちゅーじん

なるほど、良いところに気が付きましたね。ところで、失った半分以上の原資はどうなりましたか?

Jさん
Jさん

別に分けておいた原資の一部から何度か足して、証拠金を同じ額に戻して、再トライを続けました。ある程度の証拠金の額を維持してエントリーできる玉を維持しないと増やせる収支の額が減ってしまい、モチベーション維持が難しいので。これには異なる意見もあると思います。

うちゅーじん
うちゅーじん

その方法が正しいかはさておき、モチベーションの維持も大切です。必ず資金管理をしてトレードに臨みましょう。では、その他に伝えきれなかったことがあれば教えてください。

Jさん
Jさん

最近は勉強は続けているのですが、得た知識をなかなか実践できず成績振るわずで、改めて相場は難しいものだなと実感しています。多分、僕ぐらいのレベルだと、「何がわからないのかがわからない」という、現状の測定が正確にできていない、つまり自力でコントロールできている体感が低いんですよね。

うちゅーじん
うちゅーじん

知識はあっても実践で使えないという方は多いと思います。実際の相場は例外だらけですからね。トレードの記録は始めていますか?

Jさん
Jさん

はい、始めてみました。ぶっちぎりによくなく、我ながら驚きました 😅

うちゅーじん
うちゅーじん

まずは1ヵ月が終了した時点で自分のトレードを反省してみましょう。

インタビュー Tさん(トレード歴9ヵ月)

うちゅーじん
うちゅーじん

Tさんこんばんは!

Tさん
Tさん

うちゅーじんさんこんばんは!

うちゅーじん
うちゅーじん

では早速インタビューを始めます。まずはTさんのトレード歴を教えてください。

Tさん
Tさん

初めて仮想通貨の現物を購入したのが去年の11月なので、約9カ月です。ビットコインFXは2018年の4月から始めて、それから日経先物と為替にも触れました。現在はビットコインFXと日経先物の二つをやっています。

うちゅーじん
うちゅーじん

ありがとうございます。日経先物もされてるんですね。では、始めたばかりの頃を思い出してみてください。どうやって勝とうとしていましたか?そして成果はどうでしたか?

Tさん
Tさん

一番最初は全く分かりませんでした。エントリーしても短期足の値動に惑わされてすぐにポジションを持ち替えていました。ポジションを持ったまま寝て損失を出したこともありました。結果的にコツコツドカンの状態になっていました。Twitterで他の人の後乗りをしたこともありますし、小さい時間足を注視して過剰なポジション量でエントリーして勝とうとしたこともあります。

コツコツドカン

複数回のトレードでコツコツ積み上げてきた利益を、1回~数回の失敗トレードでドカンと失ってしまうこと。

うちゅーじん
うちゅーじん

短期足の動きに惑わされるのはありがちですね。ポジションを持ったまま寝ること自体は悪いことではないのですが、損失額は管理すべきですね。他の発言内容も初心者の方にありがちな失敗だと思います。

Tさん
Tさん

あと、頻繁に「注文を受け付けられません」と返してくるビットフライヤーのサーバーの弱さも手伝って大きく損失を出したこともあります。損失が出たら証拠金を追加してまた負けるという悪循環になっていました。ほぼ常にポジション持っている状態だったので、今思えばどうやって勝とうとしていたかさえ上手く言葉に出来ません。

うちゅーじん
うちゅーじん

どうやって勝とうとしていたか分からないというのは的を射た表現だと思います。根拠のないトレードを行っていたということでしょうね。では現在、方法と成果はどう変わりましたか?

Tさん
Tさん

まずは大きな時間足で方向を認識して、そこから小さな足でエントリーポイントを探すということを意識するようになりました。主にフィボナッチリトレースメントを使って意識される場所を見つけて、そこでのサイン(ローソク足の形など)に注目してエントリーするということを学んでいる最中です。

うちゅーじん
うちゅーじん

なるほど。大きな足で大局観を捉えて小さな足でエントリーポイントを探すというのは大切なことです。練習中の内容については、どんな場合にどのフィボナッチナンバーが意識されるか、そして売買サインの判断などが難しい部分だと思います。引き続き頑張ってみましょう♪それをしようとしている時点で、先ほどの発言にあった「ほぼ常にポジション持っている状態」ではなくなっていますね。

Tさん
Tさん

はい。今でもまだ焦ってトレードしてしまうこともたくさんありますが……兼業で仕事もしているので、大きく動いてフィボナッチを引き直さなければいけないときは分析記事を参考に指値を入れたりしています。

うちゅーじん
うちゅーじん

アウトプットできるということは根拠を説明できるということです。結局トレードっていかに根拠に基づいているかという点が重要になってきます。成果の方はどうですか?

Tさん
Tさん

もちろん成果も出ています。これまではコツコツドカンで負けていたのが、少なくとも現段階で月時でトントンくらいにはなっています。これも無理をしないトレードを実践出来ているからだと思います。

うちゅーじん
うちゅーじん

成果も出ているようで何よりです♪引き続きトレードを繰り返してみましょう。月次プラス目前かもしれません。その他に伝えきれなかったことはありますか?

Tさん
Tさん

やはりレジサポをしっかりと意識することです。フィボナッチもその一つです。大きな時間足のもを優先したいと考えてはいますが、毎回実行できていないところが課題です。

うちゅーじん
うちゅーじん

では最後に、伸び悩んでいる方々に伝えたいこと等がありましたら教えてください。

Tさん
Tさん

無理にトレードしなくても良い、焦らなくて良いということです。自分自身の負けパターンを分析したところ、予測と逆に動いて損切りが続いたときに損失を取り戻そうと自分のルールから外れてトレードしてしまって損失が膨らむことが多かったです。
お金が欲しくてトレードを始めた手前、利益を出そうと焦ってしまうわけです。ただし、多くの人がそうやって損失を作るからこそ、じっくりと腰を据えて取り組むことが勝ち組への近道だと思います。

うちゅーじん
うちゅーじん

ご回答ありがとうございました。

インタビュー Cさん(トレード歴7ヶ月)

うちゅーじん
うちゅーじん

Cさんこんばんは!今日はよろしくお願いします。

Cさん
Cさん

うちゅーじんさんこんばんは!よろしくお願いします!

うちゅーじん
うちゅーじん

Cさんってトレード歴はどのぐらいでしたっけ。あと、ビットコインFXの他にトレード経験はありましたっけ。

Cさん
Cさん

2018年の初め頃からなので、トレード歴は約7ヶ月です。ビットコイン現物やアルトコインのFXも触ったことはありますが、二つ以上の相場と仕事の兼業が困難なので、現在はほぼビットコインFXのみです。

うちゅーじん
うちゅーじん

ありがとうございます。始めたばかりの頃はどうやって勝とうとしていましたか?

Cさん
Cさん

イナゴ音でエントリーしたり、上がったからという理由でエントリーしたり、簡単な思考で1/2の博打を繰り返していました。チャートの見方もほとんど分かっていませんでした。

イナゴ音

ビットフライヤーの取引画面で売買成立時に流れる音のこと。

うちゅーじん
うちゅーじん

チャートの見方が分からないとそうなってしまいますね。

Cさん
Cさん

はい。でも実際は欲が入ってしまうせいで1/2にはなっていませんでした。含み益があるときはまだ伸びるだろうとか考えて利確できず、含み損になってもいつか戻るだろうと考えて適切に損切りできず・・・。

うちゅーじん
うちゅーじん

なるほど。トレーダーには感情がありますからね。その方法でトレードして成果はどうでしたか?

Cさん
Cさん

結果的に利益は小さく損失は大きくなっていました。あと、その頃はポジポジ病で損切り後にすぐに逆ポジを取ったりして俗に言う両面焼も繰り返したりしていました。結局、日次での勝ちはあっても、約2ヵ月で100万円近い損失になっていました。

ポジポジ病

とにかくポジションを持ってしまう状態のこと。ノーポジ(様子見)を機会損失だと考えてしまう。稼ぎたいという気持ちが強いほど発症しやすい。

うちゅーじん
うちゅーじん

初心者の頃にありがちな失敗ですね。おそらく昔のCさんと同じ悩みを持っている方は多数いらっしゃると思います。100万円の損失は痛いですね・・・。僕も初心者の頃に大損失を経験しているのでお気持ちよく分かります。

Cさん
Cさん

あと、フィボナッチやエリオットは言葉は知ってはいましたが、上手く使いこなせていませんでした。

うちゅーじん
うちゅーじん

それはテクニカルの知識がほとんどなかったという認識でよいですか?

Cさん
Cさん

はい、テクニカルの知識ゼロの状態で始めました。当時はまだ現物ガチホ勢が多くて、いずれ上がるという考えでスタートしてしまいました。負けてから1冊の本を読んだぐらいです💦

現物ガチホ勢

仮想通貨現物を購入して決済しないまま持ち続ける(ガチでホールドする)人々のこと。仮想通貨バブルを象徴する言葉の一つ。

うちゅーじん
うちゅーじん

2018年初め頃の仮想通貨市場はそんな雰囲気でしたね。あれから数カ月が経過し、Cさんはこの場にいるわけです。昔と比べてトレードの方法と成果はどのように変わったのですか?

Cさん
Cさん

ずっと前からうちゅーじんさんのTwitterフォローさせていただいていたので、いろいろ参考にさせていただいてました。変わったことはいくつかあります。

うちゅーじん
うちゅーじん

では、一つ一つ詳しく聞かせてください。

Cさん
Cさん

一つ目はエントリーポイントです。時間足の見方も変わり、押し目や戻り売りを狙うようになり、うちゅーじんさんの買いサイン、売りサインを参考にさせてもらうことでstopの入れ方も変わりました。

うちゅーじん
うちゅーじん

「押し目や戻り売りを狙うように」というのはトレンドフォローを心がけるようになった、という認識でよいですか?

Cさん
Cさん

それももちろんありますが、ポジポジ病があった頃は上目線と思った瞬間にロング入れたりしていたので・・・。今はポジションを持たずにしっかり待てるようになりました😀

うちゅーじん
うちゅーじん

なるほど。待つことができるようになった(ポジポジ病が治った)ということですね。大切なことです。

Cさん
Cさん

二つ目は資金管理です。以前に比べて低レバにはなりましたが、適切に損切りしたり、含み益中でも不穏なサインが出たら部分利確したりするようになりました。

うちゅーじん
うちゅーじん

資金管理は非常に大切なことです。テクニカルばかり注目されがちですが、勝ち続けるためには資金管理が必要不可欠です。

Cさん
Cさん

三つ目はテクニカルと値動きの仕組みです。テクニカルの表面だけでなく、なぜこのような動きになるのかなどを少しずつ学んだことにより、自分でも少しずつチャートを分析できるようになりました。

うちゅーじん
うちゅーじん

これも大切なことです。チャートは結果ですからね。

Cさん
Cさん

特にこの中でも買いサインや売りサインはスキャをするときでもすごく役立っています😊

うちゅーじん
うちゅーじん

なるほど。確かに、転換サインをはじめとするローソク足パターンはどの時間足でも通用するので理解しておいて損は無いと思います。

Cさん
Cさん

変わったことを挙げるといくらでもあるので書ききれなくなりそうですが、大きく変わったのはこの3点ですね😀
今は自分のルールを決めて、証拠金を少なくして自信のあるところはレバを高めにするなど自分なりの工夫をしています。何ヵ月か安定してプラスで終えることができたら、もう少し大きく資金を入れてみようと思っています😊

うちゅーじん
うちゅーじん

たくさん教えてくださりありがとうございます。少ない証拠金で検証を行うのはすごく良いことです。ちなみに、過去の100万円損失は挽回できましたか?(答えにくければ結構です)

Cさん
Cさん

できました!そういう意味でもうちゅーじんさんには感謝してます(笑)過去の分析記事をもう一回読むと前よりも理解できることが増えているので、本当に重宝してます☺️

うちゅーじん
うちゅーじん

おおっ!それは素晴らしいことです♪過去記事を読み返すほどお勉強されてる方はそんなに多くないと思われるので、そこが他者との違いの一つではあるでしょうね。成果が出ない方に向けて、助けやヒントになるメッセージはありますか?

Cさん
Cさん

短期間で増やそうと思うとポジションの取り方や資金管理が甘くなると思いますが、長い目線で少しずつ増やそうと考えれば余裕ができると思います☺️
初めの資金が10万円で1ヶ月で1.2倍でも毎月続ければ数年で億には届くので、とにかく慌てずに相場に挑むことが大切だと思います。テクニカルの知識は記事から得られるので、しっかり読めば力は少しずつ着くと思います☺️

うちゅーじん
うちゅーじん

ご回答ありがとうございました。

インタビューを振り返って

いかがだったでしょうか。淡々とインタビュー内容を載せましたが、何か新しい気付きはありましたか?インタビューを振り返って僕なりに分析してみると、次のようなことが大切なのかなと思いました。

  • 稼ごうと焦らない
  • 難しい相場では無理せず様子見する
  • 損失を取り戻そうとしないしない
  • ルールを守る
  • 感情的にトレードせず根拠に基づいてトレードする
  • コピートレード(ミラートレード)をしない
  • モチベーションを維持する工夫をする
  • トレード記録を残す
  • トレンドフォローを心がける
  • 資金管理を徹底する
  • エントリー後に短期足を見すぎない
  • レジスタンスとサポートを意識する
  • テクニカルを深く理解する
  • 検証にしっかり時間をかける
  • 自分なりの工夫をする
  • 過去に読んだ書籍などを読み返してみる

このようにリスト化してみれば、中には当たり前のものまであります。しかし、トレード中に熱くなってしまうと、その当たり前のことを忘れてしまうものです。

Jさん
Jさん

最近は勉強は続けているのですが、得た知識をなかなか実践できず成績振るわずで、改めて相場は難しいものだなと実感しています。

Jさんは得た知識を実践で活かせず悩んでいます。同じような悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃるはずです。

Tさん
Tさん

お金が欲しくてトレードを始めた手前、利益を出そうと焦ってしまうわけです。ただし、多くの人がそうやって損失を作るからこそ、じっくりと腰を据えて取り組むことが勝ち組への近道だと思います。

Tさんの発言には勝者と敗者の違いの一つが端的に表れていて面白いです。

Cさん
Cさん

何ヵ月か安定してプラスで終えることができたら、もう少し大きく資金を入れてみようと思っています😊初めの資金が10万円で1ヶ月で1.2倍でも毎月続ければ数年で億には届くので、とにかく慌てずに相場に挑むことが大切だと思います。

Cさんは発言内容から察すると既に結構な利益を得ているようですが、これから数ヶ月間は少額で検証を続けるようです。すごく落ち着いています。

まとめ

以上、3名のトレーダーが初心者から中級者になってゆく過程でのインタビューでした。もちろんトレーダーは人間なので、能力の優劣はあるし、得意分野も違います。中には自分には無理だと思う方がいらっしゃるかもしれません。ただ、言ってしまえばFXで勝つ方法は正しい知識を得てそれを実践することです。しかし、多くの初心者トレーダーが正しい知識を得ることなく、スタート地点に立つことなく脱落しているのです。

勉強しているのにFXで勝てない人へ

まず、二つ可能性を考えてみましょう。

  • 勉強内容が間違っている
  • 勉強内容が偏っている

現在の勉強内容を疑ってみましょう。そして正しい知識を得る努力をしてみましょう。情報を取捨選択しましょう。

次にこの可能性を考えてみましょう。

  • 勉強内容は正しいが理解できていない

理解できるまで勉強しましょう。詳しい人に質問しましょう。

最後にこの可能性を考えてみましょう。

  • 正しい知識はあるが実践できていない

何がどのようになぜ実践できないのかを知るためにトラックレコードを残しましょう。

これらを行うにあたり、インタビュー内容が何らかの助けになると思います。全てが上手くいったとき、あなたはブレイクスルーを経験するはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました