マーケット分析20210217

マーケット分析

こんにちは~。水曜日です。
月曜日はお休みしてすみませんでした。
今週に入ってからの変化といえば円の弱さです。ほぼ全通貨で円が売られている状況です。今日は久々にクロス円を載せます。
また、似たようなタイミングでドルも買われています。ドルの方はドルインデックスを見ると反発しやすい価格帯でした。とりえあずドルの上値余地を確認するためにドルインデックスから見てみます。

ドルインデックス

ドルインデックス(DAY)
大きくは下落トレンドで、直近の調整のトップで包み足をつけて下落しました。そして現在は小さく反発中で、この反発が高値をリトライする動きになる可能性を考えています。上値の目安としては青で示したシナリオの通りでFR61.8%上です。

ドルインデックス(4H)
ボトムから強く反発しているので、とりあえずジグザグで上値ターゲットを達成に行くシナリオを考えておきます。

下落途中の調整の可能性が高いとはいえ、ドルの上値余地はまだありそうです。よって、弱い通貨でドルを買う戦略はありかもしれません。ただ、調整が終われば再びドルが売られる展開になりそうだということは把握しておくと良いです。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)
オレンジ色の上昇トレンドが進行中です。ちなみに一つ大きいピンクの下落トレンドは終わっています。そして、もうひとつ大きい階層を見ると下落トレンドです。時間足によってトレンド方向が違っている状況なので、とりあえず目先の上昇を追いかけつつ、反落の兆候が見られれば目線を切り替えるのが良さそうです。

USD/JPY(4H)
前回のトップからの下落が強かったので高値を更新できない可能性を優先して考えていましたが、更新してきました。そして現時点でRSIにダイバージェンスはついておらず、短期的にはもう少し上値余地がありそうです。よって短期で押し目買いを狙えそうです。

USD/JPY(1H)
図に示したように青のFRに注目です。38.2%手前を調整終了の目安と考え、上昇した場合の上値ターゲットはとりあうえずPivotR1にしておきます。高値を更新すれば4時間足でダイバージェンスがつくかもしれないためです。

AUD/JPY

AUD/USD(DAY)
強さでいえばポンドの方が上ですが、こちらの方が解説しやすいので豪ドルを載せます。上昇中でまだ反落の兆候はありません。調整入りしてもあと1回以上の高値更新は期待できそうです。

AUD/JPY(4H)
オレンジ色の上昇トレンドの内部に青色の上昇トレンドがある状況です。現在は調整中ですが、青とオレンジどちらの規模の調整かわかりません。場合に分けて考えます。青だと仮定すると高値更新でダイバージェンスがつくので上値余地は限定的になりやすくその後オレンジ色の調整に入る可能性が高い。オレンジだと仮定するとFR38.2%上からの買いを狙えそう。よって、ゆったり目のトレードをする方だとオレンジ色の上昇を狙いに行く戦略が良さそうです。

AUD/JPY(1H)
短期でトレードする場合だと青で示した上昇を狙いに行けるかもしれません。ただ、現時点で買いの根拠があるかといえば微妙な状況です。PivotS1をトライに行って抜けられないようなら買えるかもしれません。

クロス円に関しては、ユーロ以外はだいたい似たようなシナリオと戦略で行けそうです。ユーロだけ強くなれない状況です。クロス円だけでなくドルストレートでも同じです。

EUR/GBP

EUR/GBP(DAY)
週足H&Sのターゲットに向かって下落中です。ターゲットまでまだまだ長いので、しばらくは戻り売りを狙いやすい個人的に最注目の通貨ペアです。現在はダイバージェンスがついていますが、もう少し下落すると解消されます。

EUR/GBP(4H)
ダイバージェンスがつきましたが、ヒドゥンダイバージェンスがついています。下をトライに行きやすい状況です。仮に反発したとしてもまずはピンクの下落に対してFRを引いての戻り売りを狙えそうです。

EUR/GBP(1H)
PivotS1までは目先で下落する可能性が高そうです。その後はどこまで下値余地があるかはわかりません。安値を更新すれば4時間足で2度目のダイバージェンスがつきます。ピンクの規模の調整に入る可能性を考えながら短期での売りを狙えそうです。

ビットコイン(BTC/USD)

BTC/USD(WEEK)
週足では既にRSIにダイバージェンスがついていますが、RSIが90を超えるすごく強い状況です。仮に下落したとしても、少し下落すればヒドゥンダイバージェンスがつくので、反発しやすい状況は続きそうです。

BTC/USD(DAY)
日足でも浅くダイバージェンスがついています。ここ最近は勢いが低下していますが買いも強い状況です。長期では上ですが、目先ではシナリオを絞るのが難しいです。下落(調整)すればラッキー程度に考えておくのが良さそうです。

BTC/USD(4H)
4時間足は難しいです。トレンドは上ですが安値の更新幅が浅い状態が続いています。あまりにも勢いが強いと、今回のように上昇トレンド途中に右上がりの乱高下で調整することもあります。このまま高値圏に張り付くようなら続伸する可能性が高いです。

1時間足は省略します。

為替の方は以前のような単純なドル売り相場ほど簡単ではないですが、通貨ペアを絞り込めばトレードしやすいものがある比較的やさしめの相場になっています。
それでは頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました