マーケット分析20191129

マーケット分析

おはようございます。月末の週末です。
感謝祭も終わったので、ここからはいわゆる年末相場に入ります。
ここ最近はずっと株式市場が強い状態です。今日(日本時間で土曜AM)が終わると週足と月足が確定します。その段階で反落の兆候が無ければ基本的に続伸と考えるのが良いです。
現在の外国為替市場は株式市場との相関は小さいですが、株式市場が堅調である以上、リスクオフ方向に大きく動くことは考えにくいです。ただし通貨の強弱はあるので、クロス円の中でも買う場合はこの通貨、売る場合はこの通貨、という感じで予め狙っておくとトレードしやすくなります。
今日もダウから解説します。

NYダウ

NYダウ(Week)
中長期では上昇トレンドです。もし短期的に下落したとしてもそれは調整である可能性が高いです。そして、大きく調整した場合の下ねターゲットは直近のFR38.2%の上です。短期の上昇トレンドを追いかけつつ、もし大きく調整するようだと大きい時間足を見てみましょう。

NYダウ(DAY)
日足ではダイバージェンスがついていますが、今のところ反落の兆候はありません。そして、少し下落するとヒドゥンダイバージェンスがつく状態です。よって、短期の上昇トレンドが続く可能性を優先的に考えます。

NYダウ(4H)
4時間足では短期のトレンドが見えてきます。ピンク色のトレンドに着目すると、ここ最近は調整が深く高値の更新幅が小さくなりつつあります。これはトレンド終了が近いときの動きです。次の調整も深くなる場合が多く、そして高値更新は浅くなったり高値更新できなかったりする場合は多いです。

NYダウ(1H)
短期的に下落するにしても、今日は週末の月末です。下で終わってしまうと週足や月足が弱気になってしまうので、あまり下まで押さず高値圏付近で横方向に漂う動きになりやすいのかなーと考えてはいます。もし大きく下落して下で終えるようだとシナリオ調整するかもしれません。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)
結局、上昇トレンド継続という状況になっています。相変わらず上昇全体の勢いは弱いので、トレンドを追いかけつつ上では売りを検討しても良さそうな動きです。

USD/JPY(4H)
現在は高値圏にあります。4時間足レベルで調整を挟むとなると図に示したようにFR38.2%手前まで下落することはありそうです。まだ反落の兆候はないので短期的に続伸する可能性もあります。

USD/JPY(1H)
短期では着色した安値が分岐点になりそうです。Wトップのネックラインになっているのでサポートされやすいですが、下に抜けるとテクニカル的なターゲットを目指す動きになりやすいです。(そのターゲットと言うのがFR38.2%付近でもあります。)今日のところはこの安値を抜けるかどうかに注目です。抜けられず高値圏で横方向に推移するようだといずれ上をトライする可能性が高いです。

EUR/USD

EUR/USD(4H)
週足・日足レベルの解説は過去の記事をご覧ください。4時間足では黒色で示したようにエリオット波動をカウントしています。ちょうど5波が終了して直近安値もありサポートされやすいので、ここから調整入りして再び下をトライするシナリオを描いています。調整終了のターゲットとしてまずはFR38.2%手前、大きく上昇しても61.8%やや上ぐらいだと考えておくと良さそうです。

EUR/USD(1H)
まずは近い方のレジスタンスに注目です。ちょうどPivotR2もあります。今日のうちに高値をトライして、この辺りで反転パターンを形成するようだと売りやすそうです。週末なので、ユーロドルはとりあえずこの戦略のみに絞って良いと思います。

次は久々のクロス円です。強めのポンドと弱めの豪ドルを解説します。

GBP/JPY

GBP/JPY(DAY)
ここ数日間ずっと高値圏に張り付く動きになっていましたが、ようやく上にブレイクしました。しかし、思ったより勢いがありません。かと言って弱気でもありません。少し難しいです。

GBP/JPY(4H)
4時間足で内部を見ると、大きく上昇した後に緩やかに下落中ということが分かります。よって、調整終了を狙っての押し目買いを検討できそうです。

GBP/JPY(1H)
短期を見ると下落の初動は大きく、2barに近いパターンが形成されています。ただ、その後は徐々に落ち着いた動きになってきています。今日に限って言うとPivotを意識すると良さそうです。S2付近で反転パターンが出るようだと買いやすいです。

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)
主要通貨のクロス円を比較すると、先ほどのポンド円だけが特殊で強いです。それ以外の通貨はこの豪ドル円のような形状になっています。

AUD/JPY(4H)
トレンドラインに沿ってジリジリと動いています。もし下にブレイクするようだとやや大きく下落する可能性が出てきます。支えられるようだと最終的にFR61.8%まで上値余地が出てくるかもしれません。今日は週末の月末なので、とりあえず下落シナリオになるかどうかのみに着目しておきます。

AUD/JPY(1H)
直近では上値を抑えられて下落中です。PivotS1までは下値余地がありそうです。それより下は現時点では分かりません。S1を下に抜けた後に反転パターンが無く、しかも続落前の調整のような緩やかな上昇があると更に下があるかもしれません。

今日は以上です。
それでは頑張りましょう♪
通貨ペアのリクエストがあれば解説するのでこちらに書き込んでみてください。
良い週末をお過ごしください(_ _)

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました