マーケット分析20191112

マーケット分析

こんにちは~。火曜日です。
相場は早い段階で反発しリスクオン方向に動いています。
ただ、昨日も解説したように一部の通貨で弱気な兆候が見られています。リスクオン方向へトレンドを追いかけつつ、弱い通貨は上で売りを検討してみても良さそうです。
ちなみに明日の朝はRBNZ政策金利発表があります。オセアニア通貨は急な動きに注意です。
今日もダウから解説します。

NYダウ

NYダウ(DAY)
昨日は下ヒゲ付の陽線となりました。非常に早い段階で反発したため、このまま上昇してもRSIにダイバージェンスはつきにくいです。今日の終値の時点で上ヒゲ付の陰線など弱気な形にならない限りは基本的に続伸と考えるのが良さそうです。

NYダウ(4H)
ピンク色のトレンドに注目すると、一つ前の調整ではFR61.8%を超える深い調整になっていることが分かります。調整が深いということは勢いが低下しているということなので、図に示したように次の高値更新は浅くなると考えるのが妥当です。今後はRSIのダイバージェンスに注意です。

NYダウ(1H)
上昇の勢いが強いです。まもなく直近高値やPivotR1を達成しそうです。この調子でR1手前で調整すればR2までの上値余地はありそうです。

次はドルストレートの中では強いポンドです。

GBP/USD

GBP/USD(DAY)
勢いよく上昇した後は上下動しながらゆっくりと推移しています。値動きを見る限りだとジグザグっぽいです。まだFE100%を達成していませんが、既に底をつけた可能性を考えておいても良さそうです。

GBP/USD(4H)
先週は弱気で終わりましたが今週に入ってからは強く推移しています。大きな陽線が出ているので底をつけたかもしれません。ドルストレートの中では押し目買いを狙いやすい通貨です。

GBP/USD(1H)
ただ、短期ではトップから急落してその後の上昇の勢いが弱いです。初動の後の調整は深くなる場合が多い点も考えると、ジグザグでFR61.8%までの調整は考えられそうです。図のようなシナリオになれば非常に買いやすいです。

ポンドが強いのでポンド絡みの通貨ペアを紹介したいのですが、パターンがきれいなポンドオージーをピックアップします。

GBP/AUD

GBP/AUD(DAY)
非常に強く上昇した後にジリジリと下落する調整のような動きが続いていましたが、昨日ブレイクしています。

GBP/AUD(4H)
トレンドラインをブレイクしてからは上に勢いをつけています。現在はトップに小さくダイバージェンス後にヒドゥンダイバージェンスをつけています。もう少し上昇するかもしれませんが、図に示したようにいずれブレイク後のリトライがある可能性に注意です。

GBP/AUD(1H)
着色した安値が短期でWトップのネックラインになっています。ここを下に抜けるとトレンドラインをリトライに行くかもしれません。現時点でセンターラインの上で推移しているので、オレンジ色で示したようにアセンディングトライアングルのようなパターンを形成する可能性も考えられます。短期での反発は15分足のパターンやダイバージェンスが目安になります。着色した安値が分岐点であることを把握しておくとトレードしやすいと思います。

今日は以上です。
それでは頑張りましょう♪

こちら回答数がやや少なめなので、回答期限を延長しています。ご回答よろしくお願いいたします(_ _)

宇宙の果ての喫茶店(FX) | BAND
FX口座開設の特典です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました