マーケット分析20200604

マーケット分析

こんばんは~。今日は夜になりました。木曜日です。
まもなくECB政策金利発表とECB総裁の発言があります。ユーロが動きやすいので時間は把握しておきましょう。
そして明日は雇用統計です。
今日も引き続きドル円と、あと一つ何か載せようと思います。まずはドル円です。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)
日足の解説は昨日から変わりません。FR61.8%上までの上昇を想定しています。

USD/JPY(4H)
昨日からジリジリと上昇してウェッジのような形になっています。そしてRSIにはダイバージェンスがついています。ただ、上値ターゲット未達成でしかもヒドゥンダイバージェンスがつきそうです。短期で調整してターゲットを達成に行く可能性を考えておくのが良さそうです。

USD/JPY(1H)
ヒドゥンダイバージェンスの基点からもフィボナッチリトレースメントを引いています。小さいFR61.8%下~大きいFR38.2%手前は反発しやすいです。調整終了ラインも目安になりそうです。

もう一つはドルカナダにします。

USD/CAD

USD/CAD(DAY)
下値ターゲットFR61.8%下の価格帯に入っています。やや勢いが衰え気味ですが反発の兆候はなく、まだ下値余地がありそうです。

USD/CAD(4H)
三角形を下に抜けてからは下への勢いが強くて、調整時は安値に張り付くような動きになっています。今回の調整も前回のような安値に張り付く動きを想定しておきます。

USD/CAD(1H)
このような調整パターンの場合、調整終了の目安となる価格帯もストップ位置も分かりにくいです。よって、中途半端な位置から入るのではなくしっかりつ上に引き付けて、高値圏でのパターンを狙うのが良いです。そして、安値を更新すると日足でダイバージェンスがつく可能性があります。日足の終値も確認しつつ短期の動きを狙うことになりそうです。

今日は以上です。明日の解説はお休みします。6月は解説の頻度を減らそうと思います。近いうちに動画での解説もしてみようと思っているので、もしかすると急に始めるかもしれません。
それでは頑張りましょう♪

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました