マーケット分析20200212

マーケット分析

こんにちは~。水曜日です。
今朝はRBNZ(ニュージーランド準備銀行)政策金利発表があり、NZDが急上昇しています。下落トレンド中の上昇局面なので戻り売りできそうか確認してみます。
今夜24:00はFRB要人の発言があります。時間だけ把握しておきましょう。
今日は急上昇したキウイからです。

NZD/USD

NZD/USD(Month)
久々の解説なので月足からです。トップから勢いよく下落してきて調整後に再び下をトライして少しだけ安値を更新しています。最初の下トライと比べて二度目の下トライは勢いが弱いです。

NZD/USD(Week)
トレンドを整理します。ピンク色の下落トレンドがあり、直近でその内部にオレンジ色の下落トレンドがあります。それぞれのトレンドが終わるラインを着色しています。オレンジ色のトレンドに着目するとFR100%付近まで戻しており、この安値トライで安値を更新できるかは分かりません。ピンク色のトレンドに着目すると、FR61.8%まで戻しており、こちらも直近安値を更新できるかは分かりません。とはいえトレンドは下なので基本的には戻り売り戦略が妥当そうです。

NZD/USD(DAY)
トップから非常に強い勢いで下落してきて、今日の金利発表で急上昇しています。急上昇と言っても、トップからの大きな下落と比べるとこの上昇はまだ調整の範囲内です。ちょうどセンターラインで上値を抑えられつつあります。

NZD/USD(4H)
きれいに下落してきてボトムから続落前の調整に見える動きになっていましたが、今朝の金利発表でそれが騙しパターンになっています。まだ下落トレンドは継続中なので戻り売りを狙いたいです。ここから売りを検討するには根拠が弱いので、できればRSIのダイバージェンスや何らかの反転サインを確認してからエントリーするのが理想的です。

NZD/USD(1H)
一時的にPivotR3を上に抜けましたが、押し戻されています。明日になればPivotは更新されますが、今日のうちはPivotR3が強いレジスタンスになりそうです。R3をリトライしても強く売られるようだと、そのまま下落となる可能性もあります。できるだけ上で売りたいですが、既にトップをつけた可能性も考えておいた方が良さそうです。

今日は詳しい解説は1つで終了です。
いくつかのクロス円で中期のトレンドラインを下にブレイクしている点がやや気になっているので、少しだ解説しておきます。

EUR/JPY

EUR/JPY(DAY)
トレンドラインを下にブレイクし、リトライが終了して再び下をトライに行っている状況に見えます。

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)
トレンドラインを大きく下にブレイクし、現在は調整中に見えます。

CAD/JPY

CAD/JPY(DAY)
トレンドラインをブレイクした後のリトライの途中に見えます。

このように、いくつかのクロス円で下落の兆候があります。リスクオフの兆候と考えられなくはないのですが、今のところはあえて相関を考えず通貨ペアごとに分析してトレードする方が良さそうです。

今日は以上です。それでは頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました