マーケット分析20191108

マーケット分析

こんにちは~。リスクオンが続いています。
株式市場を見るとダウが強く、史上最高値をつけていますがまだ上値余地がありそうな状況です。
ただし、外国為替市場を見るとクロス円の上昇に意外と勢いがありません。直近でドル買いが強まっていて、クロス円は迷走しやすい状況です。

NYダウ

NYダウ(DAY)
中長期のシナリオは変わりません。続伸の可能性が高いですが、ブレイクした調整をリトライする動きに要注意です。まだ日足でRSIにダイバージェンスがないのであと1回の高値更新は考えられそうです。

NYダウ(4H)
4時間足でもまだ続伸の可能性を考えたい状況です。ただ、調整の深さは現時点では分かりません。既に直近の上昇に対して38.2%戻しています。短期足を見てみます。

NYダウ(1H)
トップからの下落を見ると調整のような動きです。既にFR38.2%をたっせいしているので反発してもおかしくない価格帯です。ただし現時点で買いの根拠が価格帯(フィボナッチリトレースメント)のみです。このような場合はFR50%下にストップを置いて打診的に入り、もしストップにかかれば61.8%下から入りなおすという方法が良いです。
(もし入る場合、RR1で半分決済などやりましょう。)

NYダウ(1H)
これはシミュレーションです。エントリーとストップとRR1ラインを赤い線で描いています。もしピンク色のようなシナリオになった場合、RR1で決済するのとしないのとでは損失が変わってきます。(利益も変わります。小さくなります。)

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)
上昇中ですが勢いは弱いです。この上で意識されそうなラインはFE100%とFR100%が重なる赤いライン付近です。ジリジリと上を目指す可能性を考えておきます。

AUD/JPY(4H)
4時間足ではトレンドを確認しやすいです。勢いが低下中とはいえ上昇トレンドです。基本戦略は押し目買いです。ここ最近は押し目が深いので、今回も深めの調整を想定しておきます。

AUD/JPY(1H)
直近で緩やかに上昇中です。この調子だといずれいったん下をトライする可能性が高そうです。FR61.8%の下では買いを検討しやすそうです。

EUR/USD

ユーロドルはパターンだけを見るとWトップになっています。

EUR/USD(DAY)
FR61.8%を達成できずWトップになっています。いったん下を目指す可能性を優先しておきます。ターゲットは赤いラインです。

EUR/USD(4H)
既にダイバージェンスがついています。このまま下落しても下値余地は大きくなく、いずれ大きめの調整が訪れる可能性が高いです。図のようにネックラインをリトライするような調整があればダイバージェンスが解消されるかもしれません。そうなると売りやすいです。

EUR/USD(1H)
ジリジリと上昇中で売りで入りたくなる形です。しかし4時間足で解説した通りここから入っても下値余地が十分にない可能性が高いです。図のような調整を待ってから入れると理想的です。

今日は以上です。それでは良い週末を♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました