マーケット分析20200420

マーケット分析

こんにちは~。月曜日です。
先週末から変わらず、やや難しい動きが続いています。難しい動きだと感じたら調整の内部である可能性を考えてみると良いです。いくつかピックアップして解説します。

USD/JPY

USD/JPY(4H)
先週末から変わりませんが、今日に入ってからやや強めの上昇になっています。FR61.8%上の価格帯までトライする可能性が高くなっています。分岐点を把握しておきましょう。

USD/JPY(1H)
図では二つのシナリオを描いていますが、現時点では上側のFR61.8%をトライに行く可能性が高そうです。ただ、青で示した安値がダブルトップのネックラインいなっているので、ここを下に抜けた場合は下側のシナリオに変更することになりそうです。複数のシナリオとその分岐点を把握しておくと良いです。

USD/JPY(15M)
短期では押し目買いを狙えそうです。まずはFR38.2%手前やセンターライン付近に注目です。ここで反発しない場合はいたん様子見に変更して1時間足のシナリオの分岐点を思い出すのが良さそうです。

EUR/USD

EUR/USD(4H)
こちらも中期のシナリオは変わりませんが、短期的には乱高下していて難しい動きになっています。

EUR/USD(1H)
4時間足の画像からトレンドの構造とレジスタンスを考え直しています。短期のトレンド(オレンジ)を見ると、既に下落トレンドが終わっています。そしてボトムからの上昇がやや強いです。よって、図に示したように一つ大きいトレンドの調整に入った可能性を考えておきます。ジグザグでFR61.8%を達成してくると分かりやすいです。

AUD/USD

AUD/USD(DAY)
こちらも先週末から変わりません。日足では次の高値更新でFR61.8%達成そしてRSIにダイバージェンスがつきそうです。非常い弱かった通貨なのでどこかで反落する可能性を考えておくのが妥当そうです。

AUD/USD(4H)
FR61.8%をわずかに達成できず下落しています。ターゲット達成まで短期で買いを検討できなくはないですが、どちらかと言えば上からの売りを狙いたい通貨ペアです。

AUD/USD(1H)
短期では例えば図のようなシナリオを描いておいて、買いの場合は最寄りのレジスタンス(例えばPivotR1)までで最低限のリスクリワードを確保できるよう心がけると良さそうです。そうでないかぎりは見送った方が良さそうです。

EUR/JPY

EUR/JPY(DAY)
大きく乱高下していますが、ボトムをつけて以降は反発が強く下落が弱いです。ディセンディングトライアングルのようなパターンになる可能性を考えておきます。

EUR/JPY(DAY)
分かりやすく示すとこんな感じです。レジスタンスは、まずは近い方を意識しておきます。

EUR/JPY(4H)
二度ダイバージェンスをつけて小さく反発し、現在RSIが50を回復したのでダイバージェンスなしです。まず38.2%手前に注目しておきます。

EUR/JPY(1H)
ちょうどいいところにPivotR1があるので、この辺りで反転サインがあるとエントリーしやすそうです。

オセアニアのクロス円、どちらも調整中ですが動きが違っていて面白いので今日も載せておきます。

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)
先週も解説しましたが、ウェッジの可能性です。ウェッジを下に抜けるとそこそこ大きめの下落を期待できそうです。価格帯的にはFR61.8%がもう少し上にあるのでここを上値ターゲットにしておきます。

AUD/JPY(4H)
上値ターゲットまで150pips以上あるので買いを検討できるタイミングはありそうです。上での売りを待ちつつ、それまでは短期で買いの戦略が有効そうです。

1時間足は省略します。

NZD/JPY

NZD/JPY(DAY)
こちらも先週解説しました。豪ドルがウェッジを形成中でまもなくFR61.8%を達成しそうなのに対し、こちらはゆっくりと上を目指しそうな状況です。豪ドルがウェッジをブレイクすればキウイも下落し始める可能性が高いので、どちらも見ておくと良いです。

NZD/JPY(4H)
FR61.8%下でRSIダイバージェンス&2Barをつけ反発中です。この上昇で直近高値を上に抜ける可能性はありますが、日足で示したようにその更新幅は小さくなる可能性が高いです。豪ドル円でウェッジブレイクを狙った売りを入れるタイミングでこちらも売りを狙えるかもしれません。ポジションの偏りには注意しましょう。

NZD/JPY(1H)
短期では上昇が強いです。既にPivotR1を上に抜けようとしているので、次はPivotR2で調整すれば短期で買いを狙えそうです。

今日は以上です。
それでは今週も頑張りましょう!

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました