マーケット分析20210301

マーケット分析

ビットコイン(BTC/USD)

こんばんは~。今日は遅くなったので、ビットコインのみ見てみます。

BTC/USD(MONTH)
月足が完成しました。長めの上ヒゲですが大きな陽線です。RSIダイバージェンスもないので、長期的にはまだ続伸する可能性はあります。

BTC/USD(WEEK)
週足も完成しています。2BARや包み足などの反転パターンを懸念していましたが、2BARに近いパターンが完成しています。同時にRSIにヒドゥンダイバージェンスがついたので、いったん反発する可能性はありますが、この上昇で高値を更新できるかどうかはわかりません。ピンクのように更新をトライするかもしれないし、オレンジのように長期の調整に入るかもしれません。

BTC/USD(DAY)
日足では、現時点では前回の大きめの調整と同じ規模の調整が進行中に見えます。フラットから高値更新をトライに行くかもしれません。


BTC/USD(4H)
トップからの下落でウェッジを形成していて、現時点でブレイクしています。よって、ウォルフターゲットを使って上値余地を考えてみます。だいたい青いうライン付近がターゲットです。FR61.8%がちょうど良い位置にあるので、だいたいこの辺りまでは上値余地があると考えておくとよさそうです。それより上は現時点ではわかりません。仮に反落したとして大きな下落になるのか、あるいは日足で見られるフラットC波のような規模になるのかは現時点では何とも言えません。

BTC/USD(1H)
短期はあまり見ませんが載せておきます。既に短期の下落トレンドは終わっていて、ピンクで示したウェッジで形成していた下落トレンドも終わっています。このような動きだと市場は総悲観になりがちですが、総悲観は買いのチャンスでもあります。淡々と分析してみると良いです。

今日はここまでです。
それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました