マーケット分析20190617

マーケット分析

こんにちはー。週明けです。今週はFOMCがあります。他にもいくつかの国の政策金利発表や要人発言が控えています。
経済指標一覧ページへのリンクはこの部屋の上の方に固定していますので、各自でご確認ください。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)

中期のシナリオは変わらずです。少なくとも61.8%は達成に行く可能性が高いです。そして直近のジリジリとした動きは続落前の調整に見えます。

USD/JPY(4H)

調整がやや長いので、小さく引いたフィボナッチリトレースメントは省略しています。今後は大きく引いた38.2%手前を意識しておきます。

USD/JPY(1H)

調整内部の動きです。まだ上値余地はあるかもしれませんが、図のようにやや大きめに上下動する可能性を考えておいた方が良いです。短期トレードに徹する相場ということです。

USD/JPY(15M)

短期のトレンドは上で、現在は調整中です。既にFR61.8%を達成しているので反発してもおかしくない状況ではあります。今後何度か下をトライしてヒゲをつけたり反転パターンを形成したりする場合は買ってみても良さそうです。

EUR/USD

EUR/USD(DAY)

先週末は大きく売られて終わりました。Wボトムは忘れます。下落が強いので続落の可能性を考えます。

EUR/USD(4H)

まだ上昇に対する61.8%戻しを達成していません。トップからエリオット波動をカウントすることができて、現在は3波の途中です。3波の終わりかけを短期で取りつつ、4波終了からの5波取りを狙えそうです。

EUR/USD(1H)

こちらのミスで週明けはPivotが間違った位置いにあります。S1が1.118付近です。短期的な下値余地はPivotS1まではありそうです。

EUR/USD(15M)

時間と値動きの話をすると、欧州開始前に騙しの動きがあることがあります。もし上をトライして上値が重いようなら売り検討できそうです。

ドルストレートは以上で、次はクロス円です。

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)

最低限の下値ターゲットをほぼ達成していますが、まだ反発の兆候はありません。

AUD/JPY(4H)

こちらも反発の兆候はありません。調整が終われば再び下をトライする可能性が高いです。

AUD/JPY(1H)

短期の下落トレンドが続く可能性を考えますが、既にFR50%を達成しているので図のような動きで61.8%を達成に行く動きを想定しておいた方が良さそうです。

AUD/JPY(15M)

超短期ではまだ下値余地はありそうですが、そろそろ下が硬くなる価格帯です。61.8%達成後にはいったん反発する可能性を考えておいた方が良さそうです。

GOLD

ゴールドも載せておきます。

GOLD(DAY)

トップに弱気なパターンとRSIダイバージェンスをつけています。この形になると少なからず下落する場合が多いです。ただし、ここまでの上昇の勢いが強いので反落ではなく調整入りの可能性を優先します。

GOLD(4H)

現時点でどのような調整パターンになるか分かりませんが、図ではジグザグを描いています。終点としてまずはFR38.2%手前に注目です。

今日は以上です。
現在、短期トレードはやりやすそうな相場ではあります。
それでは今週も頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました