マーケット分析20200728

マーケット分析

こんにちは~。火曜日です。
ドル売り継続中です。引き続き強い通貨でドルの戻り売りを狙うとして、そろそろドルストレート以外にも着目してみましょう。昨日の最後で触れたように、一部のクロス円で反落を考えても良さそうな形になっています。
今日は昨日に引き続きユーロドル、そしてクロス円から豪ドルをピックアップします。

EUR/USD

EUR/USD(DAY)
昨日の上昇でFE200%を達成してきました。ローソク足は強い状態で完成していて、まだ上値余地がありそうです。図に示したように月足トレンドラインが上に控えていますが、より注目すべきなのはもう少し上にあるFR61.8%、そしてさらに上のFE261.8%(画面外)です。

EUR/USD(4H)
小さい調整を挟みながら上昇中です。まだRSIにダイバージェンスはなくローソクの反転パターンもないので、短期で続伸する可能性を考えます。FR61.8%付近にPivotR1とR2があります。今日のうちだとこの辺りが上値の目安になりそうです。

EUR/USD(1H)
ちょうどトップからジグザグが進行したように見えます。そうだとすると、そろそろ調整は終了して再び上をトライする可能性を考えるのが良いです。今日のうちだとPivotを上値ターゲットにするのが良さそうです。

EUR/USD(15M)
今日は15分足も載せておきます。価格帯的にはジグザグが終わっておおかしくないですが、他に買いの根拠がありません。図に示したような動きでRSIにダイバージェンスがついてローソク足で反転パターンも形成されるようだとエントリーしやすいです。これは今回に限ったことではなく毎回です。

AUD/JPY

AUD/JPY(Week)
まず週足です。グレーで示した下落トレンドは既に終了しています。ここから上昇トレンドに転換するか再び下落トレンドに突入するかは現時点では分かりません。初動の後の調整は深い場合が多い点を考えると、どちらにしてもいずれいったん下を目指す可能性は高いです。そして週足では微妙ですがRSIにダイバージェンスがついていてローソク足で反転パターンを形成しています。

AUD/JPY(DAY)
一つ前の高値を付けて以降はジリジリトした下落だったので既にトップをつけた可能性も考えていましたが、わずかに高値を更新しました。その後はやや強めに反落しています。現在センターラインで止められていますが、短期足を見ると続落しそうな動きになっています。

AUD/JPY(4H)
トップから強く下落し、その後はジグザグを形成したように見えます。RSIにダイバージェンスがない点を考えてもまだ下値余地はありそうです。ただ、次の安値更新でダイバージェンスがつきます。安値更新後に反転パターンが形成されたり、思いのほか下値が堅いようだと早いうちに反発する可能性もありそうです。安値更新後に弱い形を保つようだと続落して下のFR61.8%下の価格帯を目指しそうです。

AUD/JPY(1H)
1時間足でははっきりとした反転パターンはありません。よって、まだ上をトライする可能性も考えられます。ただ、今回はジグザグのパターンがきれいなので4時間足を優先します。この4時間足が完成した時点で弱気な形であればジグザグ終了から下を、4時間足が強気で完成すれば様子見と考えるのが分かりやすそうです。

今日は以上です。
それでは頑張りましょう♪

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました