新型コロナウィルスによる大規模リスクオフの影響を、ドル円に着目してやさしく解説してみました。

マーケット分析20200507

マーケット分析

こんにちは~!GW明けです。
早速ですが明日は雇用統計です。昨日はその前哨戦ADP雇用統計でしたが、ほぼ市場予想通りの非常に弱い結果でした。何度も言いますが、相場は市場予想を予め織り込んでいます。大切なのは市場予想に対して結果がどうだったかです。過剰に織り込んでいればその巻き戻しが起こるし、織り込み切れていなければ更に動きます。
とりあえずドル円から解説します。

USD/JPY

USD/JPY(DAY)
下落中です。勢いはそれほど強くありませんが着実に安値を切り下げています。徐々に勢いをつけているようにも見えます。FR61.8%までまだ距離があるので戻り売りを狙えそうです。

USD/JPY(4H)
ボトムから小さく反発中で、調整と思われる動きです。この調整の終わりから売りを狙えそうです。

USD/JPY(1H)
FR38.2%R38.2%手前にPivotR1があるので、この辺りまで戻ると売りを検討しやすそうです。

GBP/JPY

GBP/JPY(DAY)
現時点でH&Sにも見えるしWトップにも見えるパターンになっています。こちらも戻り売りを狙えそうです。どちらのパターンにしてもターゲットはFR61.8%付近になりそうです。グレーの価格帯です。

GBP/JPY(4H)
直近でやや強めに上昇していますが、調整と考えた方が良さそうです。そして、既に調整が終わってもおかしくない価格帯は達成しています。

GBP/JPY(1H)
ただ、強めの反発なので何度か上をトライする可能性は考えておいた方が良さそうです。調整後に高値を更新するとRSIにダイバージェンスがつきます。価格帯的にもFR38.2%手前にPivotR1があり売りを検討しやすいです。

やや少なめですが今日は以上です。
円買いドル買いで、しかも「円買い>ドル買い」という典型的なリスクオフの動きです。今日はドル円とポンド円のみをピックアップしましたが、クロス円全般で売りを狙いやすいというそこそこ難易度が低めの相場です。
それでは今月も頑張りましょう♪

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました