マーケット分析20190522

マーケット分析

こんにちは~。水曜日です。
状況は変わらずで、リスクオフ途中の調整と思われる状況です。
今夜27:00はFOMC議事録があります。ドル中心に動く可能性があるので念のため注意しておきましょう。相場の解説は以前から大きく変わりませんが、全体的に見てみます。

NYダウ

NYダウ(DAY)

以前から変わらずです。もし上昇しても61.8%より上は非常に重そうです。

NYダウ(4H)

難しい動きです。今後も乱高下しつつ上昇すると分かりやすいです。

NYダウ(1H)

よく分からない動きです。シナリオは描いていますがトレードできるかは別です。

日経225

日経225(DAY)

変わらずです。フィボ38.2%と青ラインで抑えられています。形を見る限りだとダウより弱いので、この辺りから下落する可能性も十分に考えられます。ただし、日米の株価は連動するので、日経が下落となればダウも下落する場合が多いです。(日経がダウの動きを追うといった方が正しいです。)

日経225(4H)

どちらの可能性も考えておくのが良さそうです。トレンドラインを下に抜けて上値が重い場合は続落を狙えそうです。

日経225(1H)

トレンドライン付近では下値余地がありそうか考えてみると良いです。普段から解説している通り、チャートの形やRSIが目安になります。

USD/JPY

USD/JPY(4H)

緩やかに上昇中です。短期で上昇トレンドですが、この上昇全体が大きい調整になっている可能性を考えています。

USD/JPY(1H)

ジグザグ型の調整から続伸しそうな状況です。短期的には買える可能性はありますが、上値余地がどれだけあるかは分かりません。

GBP/USD

GBP/USD(4H)

形は違いますが、着色した部分と同じ規模の調整に入っています。エリオット波動をカウントすると次は5波目の可能性が高いです。

GBP/USD(1H)

急上昇以降すごく弱くなっています。既に5波に入っている可能性もありますが、もう少し時間をかけて調整してくれると入りやすいです。
ちなみに、エリオット波動のルールの一つに、「2波と4波は同じ調整パターンにはならない」というものがあります。あまり大切ではありませんが、知識の一つとして覚えておくと良いかも知れません。
ちなみに今回のポンドドルの場合、2波がジグザグ、4波はフラット(?)に見えます。

GBP/USD(4H)

勢いが強い通貨ペアなので、イレギュラーパターンの調整になる可能性を考えておいた方が良いです。青が拡大型フラット、ピンクがランニングフラットです。

GBP/USD(4H)

ちなみに、この図のように既に拡大型フラットが終了した可能性も十分に考えられます。チャートというのはそういうものです。いろんな可能性を考えておくと良いです。

AUD/USD

AUD/USD(4H)

ボトムからフラット型の調整を形成しつつあります。

AUD/USD(1H)

短期でエリオット4波の途中にも見えます。4時間足ではフラット終了からの戻り売りと言えるし、1時間足ではエリオット5波取りとも言えます。

原油

17:25追記で原油を解説します。

原油(Week)

以前に解説してた通り、既にトップをつけた可能性があります。ここから下落したとして、次の大きなサポートはグレーの価格帯です。フィボナッチリトレースメント38.2%でもありますが、MT5テンプレの青ラインです。

原油(DAY)

日足で見ると、青ラインがレジスタンスになっていることが分かります。青ラインは全ての時間足でレジスタンスとサポートになるので確認してみてください。
ただ、まだ61.8%を達成していないので、オレンジ色で示したように達成に行く可能性はあります。レジスタンスやサポートは価格ではなく価格帯として見ると良いです。

今日はここまでにしておきます。クロス円は解説しませんでしたが、リスクオフ再開となればドルストレートよりもクロス円に注目です。
それでは今日も頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました