マーケット分析20190417

マーケット分析

こんにちはー。
相場は乱高下しつつもトレンドを作っている状況です。ただし乱高下するだけに、狩られた後に思った方向に動く・・・ということが多くなる状況です。調子を落とさないよう淡々とトレードするのが良いです。ここ最近は特に注目できるものがないので、今日も全体的に解説します。まずはドルストレートからです。

USD/JPY

USD/JPY(4H)

調整後に続伸しましたが、その後は急落してトップに2barが形成されています。ダイバージェンスもついているので、現時点ではいったん下をトライする可能性の方が高そうです。このまま高値圏で横方向に推移すれば続伸の可能性も出てきますが、そのシナリオは今は考えません。

USD/JPY(1H)

トップに弱気パターンはありますが、まだ上昇トレンドは終わっていません。短期ではトレンド終了ラインに引き付けての押し目買いもできそうです。ただし高値更新しない前提の方が良いです。上では売りを検討したい状況です。

USD/JPY(15M)

短期では荒い動きです。トレンド終了ライン手前で強気なパターンが出れば短期で買えそうですが、難しい動きの場合はスルーした方が良さそうです。

EUR/USD

 

EUR/USD(4H)

調整で61.8%わずかに達成せず反発しました。中期的な上値ターゲットは変わらずです。

EUR/USD(1H)

現在は上昇中です。現時点でダブルボトムとも考えられる形です。ネックラインはオレンジ色の線です。

EUR/USD(15M)

直近でやや粗い動きになっています。上昇の途中なので暫定的にフィボナッチリトレースメントを引いています。強気で完成すれば続伸を期待できそうです。上ヒゲ長めで完成すれば急落の可能性もあります。が、解説中に強気で完成しました。

GBP/USD

GBP/USD(4H)

やっと少し大きめに下落しましたが、大きく見ればまだ方向感がありません。

GBP/USD(1H)

短期では下落トレンドなので、戦略は単純です。どこかで緩やかな上昇があるとフラットとみなして入れそうです。

GBP/USD(15M)

乱高下しやすい状況ではあるので、大きく上昇してトレンドラインをリトライするような動きになるかもしれません。念のためこちらも把握しておくと良いです。

AUD/USD

オセアニアはどちらも解説します。まずは豪ドルです。

AUD/USD(4H)

調整が深く高値更新の浅いタイプの上昇トレンドが続いています。ピンク色の横線を上に抜けると、日足レベルで上昇トレンドに転換した可能性が出てきます。ただしブレイクで入るのはオススメしません。

AUD/USD(1H)

とにかく調整を待ってのトレンドフォローが良いです。

AUD/USD(15M)

勢いが強いので、調整パターンがペナントになる可能性もあります。短期で要注目の通貨です。

NZD/USD

NZD/USD(DAY)

こちらは日足を見ます。今日の下落が長い下ヒゲになっています。日足が完成してこの状態だと底をつけた可能性が出てきます。

NZD/USD(4H)

ただし、4時間足だとまだ油断できない状況です。再び下をトライする展開もあり得そうです。

NZD/USD(1H)

下値トライの勢いが緩やかな場合は、それを調整とみなして買いで入れるかもしれません。

15分足は省略です。

今日は以上です。
リスクオンなので、強い通貨のクロス円は上昇しやすいです。
例えばドル円が高値リトライで上昇中はユーロ円は上昇する、ドル円がリトライ終了して調整入りしてもユーロドルの上昇が強まるためユーロ円はヨコヨコか上昇、という動きになります。
波に乗るように適した通貨ペアを選んでトレードしてみてください。
それでは頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました