ビットコインFXチャート分析20180516昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

昨日のローソク足は結局、上ヒゲ付の陰線でした。今日に入ってからも続落しています。ビットフライヤーFXのチャートでは直近安値を更新していませんが、BitfinexのBTC/USD現物だと直近安値を更新しています。昨日までは、高値リトライ後に下落するシナリオと高値更新するシナリオを念のため解説していましたが、現時点ではそのシナリオの可能性は非常に低くなっています。短期足で調整を挟みながら下落を続ける可能性が高いです。とりあえず目先の売りターゲットは日足の上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%の872100と考えておきましょう。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では大きめの陰線をつけて下落中です。トレンドラインを4時間足のローソク足の終値で明確にブレイクしているため、ここからの急上昇は考えにくいです。目先の売りターゲットまであと7万ぐらいの幅がありますが、チャート上では意外と近く感じます。ターゲットが近づいたときに図のような動きをする場合が多いことは何度も解説していますが、今回も同様です。大きめの上下動には注意しておきましょう。とはいえ、戦略はシンプルな戻り売りです。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では大きく下落した後は横方向に推移しています。もし今後、図のようにトレンドラインをリトライする動きがあればそこが絶好の戻り売りポイントとなりそうです。ただし、この下落の勢いを見る限りだとここまで戻らない可能性の方が大きいです。リトライの動きがあればラッキーだと考えておきましょう。15分足を見てみます。

15分足では横方向に推移している部分の内部の動きがよく分かります。このまま緩やかな上昇で図のようなフィボナッチナンバーを達成してくるようであれば、売り検討できそうです。売りサインが分かりにくい方のために今日は別のエントリー方法を紹介します。単純明快ですがリスクがやや大きいため僕はほとんど使わない方法です。

これは5分足にトレンドラインを引いたものです。今回の場合は下落トレンド途中の調整の下限ラインと表現した方が正しいです。このラインをブレイクしたらエントリーです。ブレイクが騙しで上昇する場合も多いため注意が必要です。特に最初のラインはブレイク後にやや強めに上昇しています。ただし、視覚的に分かりやすいため、売買サインを探してのエントリーが苦手な方はこちらも使ってみると良いかもしれません。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。