ビットコインFXチャート分析20190130

こんにちは。うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

週足レベルの解説は20190107の記事をご覧ください。

まずは日足チャートから見てみます。

昨日は小さな陰線でした。

中期で揉み合いを下にブレイクしているように見えますが現時点でその勢いは弱く、日足の安値を更新することはできていません。このチャートでは見ることができませんが、現在ビットコインは週足200SMAに下を支えられている状況です。年末から緩やかな下落が続いている状況なので、変わらず複数のシナリオを考えておいた方が良い状況です。

日足レベルで進行してきた非常に強い下落の勢いは徐々に低下しています。ここからの下値余地はそれほど大きくない可能性が高く、今後の値動きによってはトレンド終了の兆候が表れてくる可能性もあります。以前に週足で解説した通り、安値を更新すれば週足レベルでRSIにダイバージェンスがつきます。

もし今後週足レベルで安値を更新した場合、RSIにはダイバージェンスがつきます。ダイバージェンスは勢いの低下を示すものなので、単体だとエントリーの根拠としては弱いです。よって、ローソク足パターンなど他のテクニカルと組み合わせて使うのが良いです。図に示したようにダイバージェンスに加えローソク足の強気パターンが形成されるようならやや大きめの反発を期待できそうです。この動きになった場合はセリングクライマックスとなる可能性があります。基本的には下落トレンドが続くシナリオを考えておけばよいと思われますが、もし上図のように安値の更新幅が小さくローソク足が強気で終わる場合は急反発の可能性が出てきます。ここからは週足の完成形にも注目しておきましょう。

4時間足を見てみます。

4時間足は変わらずジリジリとした下落が続いています。方向は明らかに下ですが、その勢いは非常に弱いです。

現時点でのトレンド終了ラインは○で示した高値です。ここを上に抜けると日足で示した上側のシナリオになる可能性が高まります。基本姿勢はトレンドフォローなのでトレードする上では○に引き付けての戻り売りですが、下落したとして安値を更新できるかは疑問だと考えておいた方が良さそうです。

ここで、一連の動きにエリオット波動をカウントしてみると、図のように下方向に推進5波動が進行した後に調整波が訪れるという動きを繰り返していることが分かります。よって、目先ではとりあえずこの動きが続くと仮定しておくのが良さそうです。つまり、現在は4時間足レベルで形成されている調整の途中である可能性が高いということです。調整ということは乱高下に注意です。1時間足を見てみます。

1時間足ではボトムをつけて小さく反発後に再び安値をトライに行っています。下落が弱いので安値更新は難しそうです。やはりいったんの底をつけたと考え、ここから調整に入ると考えます。どのような調整パターンになるかは現時点では分からないため、とりあえず乱高下しながら下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント50%を達成後に下落するというシナリオを描いています。調整の内部である可能性が高いという前提のもとでなら、その内部を短期で取ることは可能です。15分足を見てみます。

15分足です。直近で上昇中ですが、勢いが弱くボトムにダイバージェンスもないことから、再び下をトライする可能性は考えられます。もし次の下値トライで安値を更新すればRSIにダイバージェンスがつきます。ローソク足で何らかの反転パターンがあると更にエントリーしやすいです。その後もし上昇したとして、シナリオ上は直近高値を更新するように描いていますが、トレードする上では高値更新手前で最低限のリスクリワードを確保できるようにエントリーした方が良いです。ターゲットが定まっているため、あとは損切ラインです。リスクリワードを確保できない位置に損切りラインを設定せざるを得ない状況ではエントリーしない方が良いということです。

現在は調整の内部である可能性が高いです。乱高下には注意しましょう。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。