マーケット分析20190905

マーケット分析

こんにちは~。ドル売り継続中です。
明日が雇用統計なので、現時点では短期で取れるところを取りつつドル売りがどこまで続くのかを見極める展開になりそうです。ちなみに明日の雇用統計はアメリカとカナダで同時に発表されるので、USD/CADの通貨ペアは特に注意です。そして深夜にはFRB要人の発言があります。

ドルインデックス

ドルインデックス(Week)

今週は序盤に上昇するも早い段階で上値を抑えられ、現時点では上ヒゲ付の陰線になっています。このまま下落して週足のトップに2barや包み足などの反転パターンが形成されるようだと目線を変える必要がありそうです。現時点では何とも言えません。

ドルインデックス (DAY)

日足では直近でオレンジ色で示したように上昇トレンドです。一連の動きを見ると調整時の下落の勢いが強いです。今回のトップからの下落も勢いは強いですが、現時点では調整と考えておいた方が良さそうです。

ドルインデックス (4H)

まもなくRSIにダイバージェンスがつきます。ただ、価格帯に着目するとオレンジ色のFR61.8%付近までの下値余地はありそうなので、短期ではまだドルを戻り売りできそうです。

ドルインデックス (1H)

さきほど安値を更新しました。4時間足と1時間足でダイバージェンスがついていますが、ローソク足が強気で終わらない限りは下目線が妥当そうです。

ドルインデックスを見ての通り、短期ではドルの戻り売りをできそうです。では強い通貨はというと、直近ではポンドです。

GBP/USD

GBP/USD(DAY)

昨日は大きな陽線でした。オレンジ色の下落トレンドが終了するラインまであとわずかです。ここを上に抜けるとピンク色のFR38.2%手前が目先の上値ターゲットになりそうです。

GBP/USD (4H)

ボトムから強く上昇中です。ポンドは個別に材料があるのでそれ次第ではあります。本格的な上昇には疑問が残りますが、この動きを見る限りだと急落も考えにくいです。とりあえず短期では押し目買いを狙えそうです。

GBP/USD (1H)

直近で調整が終了してボトムに2barが形成されつつあります。23.6%まで調整より入りやすいですが、上への勢いが強いので既に調整のボトムをつけた可能性の方が高そうです。ただし、買いはあくまで短期と考えるのが良いです。

あとは気になる動きをしているのがユーロポンドです。

EUR/GBP

EUR/GBP(Week)

ユーロポンドは7月末から急上昇しましたが、その後は急落しています。現在、ブレイクしたトレンドラインや直近の上昇に引いたFR38.2%で止められています。ここから上昇できれば高値更新の可能性も十分に考えられますが、下に抜けるとそこそこ大きめに下落しそうです。レンジやチャネルを抜けた後に再びその内側に戻されると、その下限をトライに行く可能性が出てきます。現在は分岐点です。

EUR/GBP(DAY)

日足を見る限りだと、上値は重いです。ポンドが強いことを考えると、下落の可能性を考えたくなります。下落する場合、まずは着色した安値付近がターゲットになりそうです。

EUR/GBP(4H)

直近で小さな調整が終わろうとしています。

EUR/GBP(1H)

1時間足を見ると調整の動きkが分かりやすいです。きれいなトレンドだとセンターラインがよく機能するので着目しておくと良いです。もし今日中に大きく下落する場合、最大でPivotS3までと考えておくと良いです。

今日は以上です。夏休みが明けて、まだ方向感がはっきりしているとは言えない状況なので、短期トレードしつつ流れができるのを待ってみましょう。大きな流れを作る材料が出てくるとトレードしやすいです。
それでは今日も頑張りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました