ビットコインFXチャート分析20180606朝

おはようございます、うちゅーじんです。

朝のnoteです。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

日足チャートではボトムに強気パターンの包み足を形成後に上昇し、図のように下落全体に引いたトレンドラインをブレイクしています。ただ、上昇の勢いが弱い点が気になっています。反転直後は初動に対して調整が深い場合が多いので、安値&トレンドラインへのリトライの動きがあれば買いたい状況です。また、現段階では安値更新シナリオも頭の片隅に置いておく必要があります。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足ではウェッジを下にブレイクしました。そして上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント50%を達成後にやや強めに反発して現在に至ります。ここから一気に高値を更新する可能性は低く、いったん調整の下落がありそうです。大きな調整の場合は図のような動きになりフィボ61.8%を達成してくる可能性があるので、このシナリオは想定しておきましょう。1時間足で更に内部を見てみます。

1時間足ではボトムから急上昇しました。図には表示していませんが、下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント78.6%手前まで上昇してトップにローソク足の弱気パターンとRSIのダイバージェンスがついています。急上昇の後なので判断に困るのですが、売りサインと見なしても問題なさそうです。ただしここから下落したとしてどこまで下値余地があるのかは現時点では分かりません。図のように3つのシナリオを想定しておきましょう。一つ目は緩やかな下落となり浅い押し目から反発するパターン、二つ目はやや大きめな下落となり深い押し目から反発するパターン、三つめは4時間足で示したフィボ61.8%を達成するパターンです。15分足を見てみます。

15分足では高値圏に止まっています。ただし1時間足で解説した通りトップに弱気パターンが形成されているため、上値余地は大きくないと思われます。今後図のように緩やかな上昇があればショートで入れそうです。そのポジションがどこまで伸びるかは1時間足で解説した3つのシナリオの通りです。

まだまだ本格的な上昇には疑念を抱いている状態です。分岐点の相場は大きく乱高下する場合があるため、短期トレードのつもりでエントリーして伸びればラッキーという気持ちでトレードした方が上手くいく場合が多いです。ポジションがある程度伸びた段階で半分利確するなど、何らかのリスク管理を行うことを推奨します。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。