ビットコインFXチャート分析20180530朝

おはようございます、うちゅーじんです。

朝のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

昨日のローソク足は陽線でした。一昨日のローソク足と2つセットで包み足というチャートパターンが出現しています。素直にテクニカルに従った方が良いと思われます。ただし、少し前に4時間足で出現した2barから上昇が続かなかった(下図)ことからも分かる通り、テクニカルに100%の正確性はありません。トレードは謙虚に行いましょう。今日に入ってからもやや上昇しています。

こちらが2bar後の上昇が続かなかった例です。ちなみにBitfinexのBTC/USDチャート4時間足です。□で示した部分で2barが形成されていますが、その後の上昇は非常に弱く、最終的には安値を更新していることが分かります。

大きな時間足でのチャートパターンでエントリーするのも悪いことではないですが、ストップ位置を狭めたり、より良い位置でエントリーしたりするためには短期足で内部の動きを分析することが必要不可欠です。4時間足チャートで内部の動きを見てみます。

4時間足チャートです。上昇後は高値圏で横方向に推移しています。上にヒゲを多くつけている点から上値がやや重いと判断できます。昨日も解説した通り、次の意識されるラインは下落全体に引いたトレンドラインと、直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%付近です。ちょうど二つの上値抵抗線があるため、上昇する場合でもここから一本の上昇で強く上に抜けてゆく可能性は低く、下落方向の調整を挟む可能性が高いです。そして、大きく見るとまだ下落トレンドなので、その下落が調整に止まらず安値を更新する可能性も念のため想定しておきましょう。フィボ38.2%とトレンドラインが近づいたときの動きには注目です。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では上昇後にやや長い上ヒゲをつけた後に横方向に推移し、高値トライするもまた長い上ヒゲをつけています。上値が重そうに見えますが、まだローソク足が完成していないためその判断は時期尚早です。長いヒゲの状態でローソク足が完成する場合は、とりあえず高値圏でレンジを形成しているという前提で超短期のトレードを行った方が良さそうです。いずれどちらかにブレイクして、運が良ければそのとき入れているポジションを伸ばすことができます。外国為替のFXだと両建てしてブレイクを狙う良い方法があるのですが、ビットフライヤーのBTCFXだとそれができないのが残念です。15分足を見てみます。

15分足では横方向に推移している内部の動きがよく分かります。○で示した部分で買いサインが出現し、その後は上昇中です。この辺りをレンジの下限、そして高値付近をレンジ上限と考えましょう。レンジ上限付近で弱気パターンが出る場合はショート、下限付近で強気パターンが出る場合はロングで入れそうです。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。