ビットコインFXチャート分析20180415夜

こんばんは、うちゅーじんです。

週末はしっかり楽しめたでしょうか。

僕は近所のビール屋さんで昼間からビールを飲んで、その後はお昼寝していました。ちなみに飲酒状態でのトレードはおすすめできません。なぜなら、お酒を飲むと理性が弱くなるからです。理性が弱くなると本能で行動するようになります。本能的・感情的な意思決定は相場では損をします。つまり、本能・感情をいかに理性で抑えるかが勝てるようになるための第一歩なのです。

本題に移ります。

BTC/JPY ビットフライヤーFXチャートの日足、4時間足、1時間足、15分足のチャート分析です。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。ただし未完成のローソク足です。

直近で2本ついていた上ヒゲを更新してきました。それほど大きな上昇ではないですが、着実に上値ターゲットを目指して上昇中です。日足の終わり方によってはシナリオ変更もあり得ますが、今のところそれほど大きな心配は必要なさそうです。次に4時間足チャートです。

4時間足チャートでは今まで通りエリオット波動をカウントしてみます。3-3波の高値を更新したことにより、3-4波が確定しました。現在は3-5波の途中か、既に4波に移ったかのどちらかだと思われます。どちらが正解なのかはチャートが完成してみないと分かりません。とにかくトレンドフォローを心がけましょう。もし既に3-5波が終わったと仮定すると、必然的に3波が終わったということになります。その場合、3波全体にフィボナッチリトレースメントを引いて4波の調整がどこまで進行するかを測ります。フィボ38.2%が843973なので、だいたいこの手前まで4波が進行すると思われます。3-5波が延長した場合はフィボナッチリトレースメント引き直し&短期的な戦略変更です。

そして1時間足です。大きく上昇し直近高値を更新しましたが、ヒゲで戻して直近高値よりしたで終値を迎えています。こうなると調整なしで更なる上昇は難しいかもしれません。そろそろ3-5波の終了を意識してもいいかもしれません。もちろん3-5波が続くシナリオも考えておきましょう。15分足を見てみます。

ちなみに今回の買いサインは○で示した部分です。14:00ぐらいでしたが、皆様ロングできたでしょうか?
今後、緩やかな下落の状態のままフィボ38.2%に到達すると反発する可能性はあります。その後に続伸するか反落するかは今後のチャートの形を見てからでないと判断できません。強そうなら続伸、弱そうで売りサインが出れば反落となるでしょう。また、フィボ61.8%付近でも反発は考えられます。その場合もチャートの形を見て今後を予測してみましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い夜を。

これは将来の動きを保証するものではなく、あくまで僕の予想に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。