ビットコインFXチャート分析20190322

こんばんは。うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

まずは日足チャートから見てみます。

昨日は陰線でした。日足の解説は過去から引用します。

あくまで大きく見れば未だ下落トレンドが継続中です。日足の下落トレンド終了ラインはおそらく□で示した高値だと思われます。とりあえず日足の安値圏でレンジを形成する可能性を考えておきます。

4時間足を見てみます。

急落後のボトムから上昇していますが、その勢いは非常に弱いです。このままじりじりと上昇するようだと高値を更新できずに反落する可能性が高くなりそうです。

bitFlyerFX特有のヒゲがどこまで分析に使えるのか分かりませんが、ボトムからの上昇全体でウェッジのようなパターンを形成しているように見えます。一般的にウェッジの内部は5波なので、あと一度の高値更新は考えられる状況です。もし高値トライなく下落する場合はブレイク後のリトライを狙ってエントリーするのが良いです。1時間足を見てみます。

1時間足はトップから勢いよく下落した後にやや強めに反発中です。反発の初動が強めなので、ここから急落するシナリオは考えにくいです。図では上下動しながら上昇するシナリオのみを描いています。売る場合は4時間足で解説したように次の高値更新に注目で、そうでない場合はブレイクを待った方がトレードしやすそうです。15分足を見てみます。

15分足ではボトムから上昇後に緩やかに下落し、38.2%手前で2barに近いパターン(□で示した部分)を形成しています。よって、ここで調整のボトムをつけた可能性が高いです。現在はブレイク後のリトライも終了してこれから上昇しようという状況に見えます。もし上昇したとしても大きな上昇ではなく、図に示したように早い段階で調整を挟む可能性が高いので、短期トレードを心がけた方が良いかも知れません。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。