ビットコインFXチャート分析20180424夜

こんばんは、うちゅーじんです。

BTCは非常に強く上昇中ですね。押し目を待っていても目立った押し目がなく、入り難いという状況が続いています。今日は非常に強いトレンドが継続中でも入れる方法についても書こうと思います。普段の僕の方法とは少し違うので、引き出しを増やしたい方は読んでおいて損は無いかもしれません。最初に言っておきますが、この方法は非常に簡単なので、全く知識のない方でもすぐに使うことができます。解説のために今日は5分足も載せてみます。

夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足です。

お昼からローソク足が少し伸びています。次の買いターゲット1165222まで意外とすぐに到達するかもしれません。とはいえ、短期足では上下動しながら上昇するので、現物でもない限りは日足を根拠に売買するのはあまりお勧めしません。4時間足で内部の動きを見てみます。

とりあえず現在の高値を起点にフィボナッチリトレースメントを引いています。大きめの調整が来たらこの階層のフィボナッチナンバーが意識されることになりますが、現段階ではほとんど気にする必要は無さそうです。明確なサインが無い限りショートポジションを持つのは危険な状態だとも言えます。お昼のnoteではダイバージェンスについて述べましたが、あと少し上昇するとダイバージェンスが解消されます。ダイバージェンスの解消は非常に強い相場であることの証ですので注視しておきましょう。次は1時間足でさらに詳しく内部を見てみます。

1時間足でも、とりあえず現在の高値を起点にフィボナッチリトレースメントを引いています。やや大きめの調整が来る場合はこのフィボナッチナンバーが意識されますが、現段階ではこちらもほとんど気にする必要はないと思われます。ちなみに、1時間足でもダイバージェンスが付いています。ただし、ここから下落してもヒドゥンダイバージェンスが付いてくるため直近安値を更新する前に再度上昇しそうです。この先はダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスを繰り返しながら少しずつ高値を更新してゆく展開になりそうです。

図にすると次のようになります。ローソク足の動きとRSIの動きに着目して観察してみましょう。

さらに細かく15分足を見てみます。

15分足では既にダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスを繰り返しながら上昇中です。とりあえずフィボナッチリトレースメントを引いていますが、23.6%程度の調整ならあり得そうです。ただしその前に高値を更新する可能性もあります。高値を更新したらフィボナッチリトレースメントを引き直しましょう。最後に5分足です。

現在の強い上昇に途中から乗るには5分足でないと難しそうです。フィボナッチリトレースメントを引いていますが、冒頭でお話しした方法ではフィボナッチはあまり気にしなくても良いです。気にするのは、ローソク足付近にある2本の線です。これは単純移動平均線の10と15です。(それぞれ10SMA,15SMAと呼びます)僕のチャートにはずっと表示されていますが、普段は使わないため飾りのようになっています。ただ、現在のように非常に強いトレンドのときには活躍します。チャートを少し拡大します。

トレンドに途中から乗るためには、単純にこの2本の線のゴールデンクロスとデッドクロスに着目するだけです。普段の売買サインと比べるとエントリーが遅れがちになりますが、押し目らしい押し目がない相場では効果的な場合が多いです。現在はデッドクロスしていて、もう少しするとゴールデンクロスしそうです。ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売ります。ちなみに売りのときは損切りも利確も行います。何回か騙されることになりますが、現在のような相場ではトータルではプラスになります。15分足も同時に見ながらだとやや大きめの動きも見えるため騙されることは少なくなるはずです。トレンドフォローは最終的には騙されて終わるため、きっちり資金管理を行いましょう。大きめの調整が来た場合は大きめの時間足のフィボナッチナンバーを見て買いサインを探してみましょう。

note作成中に5分足が進んでしまいましたがお許しください(_ _)

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い1日を。

これは将来の値動きを保証するものではなく、あくまで僕の母星の情報に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

(追記)

ラインの表示方法を載せておきます。

チャート上部の図の部分にカーソルを合わせる。
SMAにチェックし、10と15を入力する。
以上です。