ビットコインFXチャート分析20180508昼

こんにちは、うちゅーじんです。

昨日の深夜の記事ではBTCの中期的シナリオについて、6時間足でエリオット波動をカウントして解説しています。まだご覧になっていない方はどうぞ。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

昨日のローソク足はやや大きめで下ヒゲ付の陰線でした。今までお伝えしている通りダイバージェンスがついています。そして新たにヒドゥンダイバージェンスがつきました。以前にも解説しましたが、それぞれ次のように理解しておくと良いです。
ダイバージェンス:勢いの低下
ヒドゥンダイバージェンス:リトライの可能性
どちらも単体では売買サインとしては弱いものなので、他のテクニカルと組み合わせて使いましょう。4時間足を見てみます。

4時間足では、直近の上昇に対するフィボ61.8%が強く意識されているようです。ただし、ここから上昇して高値更新というシナリオになる可能性は今のところ低いです。もう少し時間をかけて調整が進行すると考えておきましょう。その調整で更に下落するのか、下落は進行せず横方向に動くのかは今のところ分かりません。ただし下値は固そうではあります。現在は調整中のため短期トレードに徹すべき相場です。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では2カ所にフィボナッチリトレースメントを引いています。どちらも意識されそうです。1時間足では底をつけて一旦反発するも再度下落し、安値を更新できず現在は緩やかに上昇中です。今後の戦略としては、□で示した安値に引き付けてショートがやりやすそうです。値ごろ感ではなく、必ず売りサインを確認してエントリーしましょう。15分足を見てみます。

15分足では現在の動きは続伸前の調整に見えます。ここから形が崩れて大きな陰線が出るようなら様子見ですが、この形のまま下落してフィボ38.2%付近で買いサイン(5分足で確認)が出るようなら短期的には買えそうです。ただし値幅は大きくなくSFDもあるため、現在の状況でここから買うのは推奨できません。上昇して高値を更新した場合は1時間足のシナリオを思い出しましょう。

【【【note読者の皆様にお願い】】】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。