新型コロナウィルスによる大規模リスクオフの影響を、ドル円に着目してやさしく解説してみました。

ビットコインFXチャート分析20180619深夜

ビットコインFXチャート分析

こんばんは、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

日足の解説は朝の記事をご確認ください。

4時間足チャートから始めます。

4時間足チャートはローソク足が未完成ですが、直近高値を更新後に大きく戻して直近高値寄り下で終値を迎えようとしています。このままローソク足が完成すれば弱気パターンとなります。ローソク足の完成に注目しておきましょう。ちなみに、今回の上昇でちょうど下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%を達成しています。朝の段階では直前の下落が続伸前の調整に見えていましたが、上昇後に弱気パターンが形成された場合はシナリオ変更した方が良さそうです。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では既に弱気パターンが形成されています。弱気パターンが形成されたとしてもすぐに下落することは少ないです。どこかのタイミングで高値リトライがある可能性を考えておきましょう。その後下落したとして、目先の下値ターゲットは上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメントに着目します。下落の勢いが弱くボトムに強気パターンが形成される場合は38.2%、下落の勢いが強く大きな陰線が形成される場合は61.8%まで見ておきましょう。もちろんその下もあり得ますが、続落する場合でも61.8%は調整ラインになる可能性が高いです。15分足を見てみます。

15分足ではトップをつけて下落後は横方向に推移しています。高値リトライがどのタイミングであるのかは現時点では分かりませんし、無い場合もあります。とりあえずは図に示した通り2つのシナリオを想定しておきましょう。どちらの場合もトップに弱気パターンが形成される場合はショートでエントリーできそうです。弱気パターンが形成されない場合は危険なので様子見した方が良いです。分かりやすい動きだけを取ることを推奨します。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました