ビットコインFXチャート分析20190425

こんにちは。うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートに加え、今日はBitfinexのBTC/USDチャートも使いながら解説します。

まずは最新の週足チャートから見てみます。

先週は陽線でした。まだ反落の兆候は見られませんが、ブレイクしたディセンディングトライアングル下限付近の価格帯に入っています。徐々に上値が重くなりつつあります。その他の解説は引用します。

ボトムからの上昇が本格的な上昇の初動なのか、あるいは続落前の調整なのか、現時点では判断することができません。ただし上昇の勢いは強く、現時点ではまだ上値余地がありそうな状況です。週足レベルのレジスタンスとして、約9カ月にわたって形成されたディセンディングトライアングル下限付近があり、まずはこの価格帯を上に抜けられるかに注目です。その次は下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント23.6%~38.2%がレジスタンスになりそうです。

日足を見てみます。

日足チャートです。昨日は上下にヒゲのある陰線でした。2barなどの反転パターンにはなっていないため、ここから下落するにしてもジリジリとした下落になる可能性が高いです。今までと同様に、解説のためにBitfinexBTC/USDチャートを見てみます。

BitfinexBTC/USD日足チャートです。ボトムからエリオット波動の推進波が進行中で、既にトップをつけて調整入りしたと仮定すると現在は4波か3-5-2波だと思われます。まずは3-5-2波の可能性を考えます。(0424の記事ではより詳しく解説していますのでご覧ください。)

4時間足以降はbitFlyerFXチャートを使って解説します。

4時間足(bitFlyerFX)です。トップから勢いよく下落し、現在は小さく反発中です。形だけを見ると続落前の調整に見えています。日足で解説した中期シナリオがどちらの場合でも、上昇に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%より下では反発する可能性が高いです。よって、まずは目先の下値ターゲットを61.8%にしておきます。1時間足を見てみます。

1時間足(bitFlyerFX)です。大きく下落後に緩やかに上昇中です。既に直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%を達成しており、反落してもおかしくない状況ではあります。反落せず上昇しても、現在のようなジリジリとした上昇になればいずれ下に向かう可能性が高いです。15分足を見てみます。

15分足(bitFlyerFX)です。ボトムからジグザグ型の調整が進行している状況に見えます。価格帯の見に着目するとここから下落してもおかしくありません。ただしエントリーの根拠としては弱いので、次の高値更新でRSIにダイバージェンスがつくのを待った方が分かりやすそうです。ダイバージェンスはローソク足が完成してから判断しましょう。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。