ビットコインFXチャート分析20190402

おはようございます。うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

今日は久々に週足チャートから見てみます。

現在は安値圏で非常に小さく上下動しながら横方向に推移しています。下値をトライして強く返されるような強気なパターンが現時点で見られないため、本格的な上昇には疑念を抱かざるを得ません。となると今後も横方向に推移するか、ジリジリと上昇するシナリオを想定しておくのが良さそうです。週足レベルのレジスタンスラインとして目立つのは約9カ月にわたって形成されたディセンディングトライアングル下限付近です。明確なラインではなく価格帯として見ておくのが良いです。もし上昇したとしてもこの付近は強く意識される可能性が高いです。日足チャートを見てみます。

昨日は陽線でした。今までは安値圏で大きくレンジを形成するシナリオを優先的に考えていました。優先シナリオは変わらずですが、週足でも解説した通りレンジ上限を上に抜けてディセンディングトライアングル下限をリトライに行くシナリオも並行して考え始めた方が良い状況になっています。その分岐点となるのが図に示した水平線です。この付近は単純にレンジ上限とも考えられるし、ダブルボトムのネックラインとも考えることができます。ただし、RSIに着目すると次に調整して高値を更新するとダイバージェンスがつきます。上値余地は限定的な可能性が高いので、あくまで優先シナリオは日足安値圏でのレンジ、そしてもしレンジ上限を上に抜けた場合はディセンディングトライアングル下限へのリトライの可能性と考えておくのが良さそうです。以前までは□で示した高値を日足の下落トレンド終了ラインと解説していましたが、これほど横方向の動きが長いと見方を変えたほうが良いです。4時間足を見てみます。

4時間足では緩やかな上昇トレンドになっています。RSIには既にダイバージェンスがついているため、ここから大きく上昇して日足のレンジ上限をトライに行く可能性は低いです。4時間足レベルだと図に示したように大きく二つのシナリオを考えておくのが良さそうです。一つ目は浅い調整から再び上をトライするシナリオです。特に注目すべき点は何度かしつこく上値をトライしても、高値の更新幅が徐々に小さくなっていれば反落する可能性が高まることです。二つ目は深めに調整し緩やかな上昇トレンドが継続するシナリオです。現時点ではどちらの可能性も考えられますが、まずは浅い調整となる可能性を考えます。1時間足を見てみます。

1時間足ではトップにやや長めの上ヒゲが形成され、RSIにはダイバージェンスがついています。上昇の勢いが強いのでこのまま上昇し続ける可能性もありますが、短期的な上値余地がどれだけあるかは疑問なので、できれば調整を待ちたい状況です。直近の上昇に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%より下まで下落すると買い検討しやすそうです。あくまで検討であり、実際のエントリーはRSIやローソク足パターンを根拠にするのが良いです。15分足を見てみます。

15分足では既に短期でトップをつけたような形になっています。よって、今後は上値をリトライ後に反落する可能性を優先的に考えておきたい状況です。もしどこかで緩やかな上昇が現れた場合、それを続落前の調整とみなして短期で売ることはできるかもしれません。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。