ビットコインFXチャート分析20181119

おはようございます。うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

まずは日足チャートから始めます。

週末中は大きく動かず横方向に推移しました。3本の連続した長い下ヒゲをつける展開となれば反転の可能性を考えたい状況でしたが、そうはなりませんでした。現時点では明確な反転の兆候は見られないため、目線をフラットにして目先の動きを短期で取ってゆく戦略が良さそうです。4時間足を見てみます。

4時間足では方向感なく横方向に推移しています。RSIに着目するとボトムにダイバージェンス後にヒドゥンダイバージェンス、CCIに着目するとトップにダイバージェンスという状況です。売りで入っても良さそうな状況ではありますが、やや根拠に乏しいです。と言ってもこのまま横方向の動きが続くようであればいずれ下をトライしそうな状況です。もし下値トライがあったとして、大きく戻してローソク足が強気で完成する場合は反発の可能性を考えても良さそうですが、そうでない限りはフラットな目線を保っておいた方が良さそうです。1時間足を見てみます。

1時間足では左側の大きな下落のせいでチャートが見難い状態になっています。小さな横方向の動きに見えますが、□で示した部分では約3万円の値幅があります。決して大きくはありませんが、トレードするには十分な値幅です。直近のローソク足が完成してトップに2barらしきパターンが形成されています。上値が重いのは確かです。4時間足でも解説した通り、下値トライして急反発する場合は反転の可能性を考えたいです。値ごろ感ではなく、ローソク足の完成を待ってから判断するのが安全です。15分足を見てみます。

15分足では、トップに弱気パターンを形成しています。その後に高値トライしてフィボ61.8%達成後に再び弱気パターン(包み足)を形成しています。よって、ここで短期的トップをつけた可能性は考えておいても良さそうです。記事作成中に少し下落していますが、まだ反発の兆候は見られません。この下落がどこまで続くのかは不明です。ボトムでのパターンに注意しながら伸ばすのが良さそうです。

それでは、よい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。