ビットコインFXチャート分析20180926

おはようございます、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

まずは日足チャートから始めます。

昨日のローソク足は陰線でした。日足の解説は昨日のものを引用します。

日足レベルではトレンドのない横方向の動きが続いており、非常にやりにくい状況です。先週末の記事でも解説した通り、長い時間をかけて形成されているディセンディングトライアングルの内部で推移すると仮定してトレードを行うのが良さそうです。

4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では下落後に下値圏で横方向に推移しています。ボトムに2barのようなパターンが形成されている点と、RSIに小さくダイバージェンスがついている点から短期的な底は近いように思われます。しかし、まだ上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%を達成していません。よって、フィボ61.8%を達成しに行く動きがあることを想定しておいた方が良さそうです。1時間足を見てみます。

1時間足ではトップから下落トレンドが進行中です。同時に、やや無理矢理感がありますがトップからエリオット波動の推進波をカウントすることができます。直近の形に着目すると、戻りが深く安値の更新幅が小さいというトレンド終了の兆候が表れています。よって、いったんやや大きめに反発する可能性は考えておきましょう。その反発の勢いと形によっては、その上昇を続落前の調整とみなし、調整の終わりからショートで入れる可能性があります。ただし15分足でも下落トレンドなので、そのトレンドが継続する可能性も考えておきましょう。15分足を見てみます。

15分足ではやや難しい動きになっています。下落トレンドではあるのですが、調整が深く安値の更新幅が小さいです。現在は上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント50%を達成しています。もう少し下落してフィボ61.8%達成後に何らかの転換パターンがあればエントリーできなくはない状況です。61.8%達成後に転換パターンが形成されない場合や、上昇が緩やかな場合は続落となる可能性が高まるので注意しておきましょう。〇で示した高値が短期足の下落トレンド終了ラインなので、ここを上に抜けると1時間足で示したフィボ38.2%付近まで上昇する可能性が高まります。短期足の意識されるラインとして把握しておきましょう。

現在は、日足レベルで徐々にボラティリティが小さくなっているため方向感がころころと変わる展開になりがちです。難しいと思ったら無理してトレードせず様子見することを心がけましょう。

それでは、よい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。