ビットコインFXチャート分析20180711

こんにちは、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

日足チャートから始めますが、まずは想定される中期シナリオを把握するために過去の記事を引用します。(画像も過去のものです)

1つ目は下落するも直近安値を更新できず反発するシナリオです。このシナリオになると結果的に逆ヘッドアンドショルダーを形成することになります。逆ヘッドアンドショルダーのターゲットとフィボナッチリトレースメント38.2%が近い位置にあるため、目先の上値ターゲットはだいたいこの辺りだと考えておきましょう。
二つ目は下落するも直近安値を更新できず反発するが、逆ヘッドアンドショルダーのネックラインで反落するシナリオです。このシナリオの場合は日足レベルでレンジを形成するか、安値を更新するか、現時点では分かりません。
三つ目はここから大きく下落して直近安値を更新するシナリオです。このシナリオの場合、安値の更新幅はそれほど大きくならない可能性が高いです。

ここからはいつも通り、最新の日足チャートから解説します。

昨日のローソク足は陰線でした。日足の下落トレンド終了ラインである〇で示した安値が意識されて下落しました。それほど大きな下落にはなっていませんが、下ヒゲもほとんどなくローソク足がきれいに完成しているため、もう少し下値余地はありそうです。4時間足で内部の動きを確認し、目先の下値ターゲットや今後の短期シナリオを考えてみます。

4時間足チャートでは、○で示した安値を下抜けしたことで上昇トレンドは終了しました。同時に、○で示した安値がダブルトップのネックラインになっているようにも見えます。よって今後の優先シナリオとして、ダブルトップのネックラインをリトライする動きからの下落は想定しておいても良さそうです。

ここでは目先の下値ターゲットについて解説します。基本的には上の図で示した通りトップ-ネックライン間の距離と、ネックライン-ターゲット間の距離が同じになるというのがマニュアル通りのダブルトップです。つまり今回のダブルトップのターゲットは692000付近だと考えられます。そして今回は上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%がダブルトップのターゲットと近い位置にあります。意識されるラインが重なっている場合はより強く意識されるため覚えておきましょう。ビットフライヤーFXのレートで700000より下は欲張らない方が良さそうです。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足ではRSIにダイバージェンスがついてた後にヒドゥンダイバージェンスがついています。以前にも解説しましたが、あれから時間が経ったため再度解説します。語句の解説は次の通りです。
・ダイバージェンス:勢いの低下を示す。
・ヒドゥンダイバージェンス:リトライの可能性を示す。
今回の場合は勢いは低下しているが安値リトライをする可能性があるということです。基本的にはリトライで安値を更新できるかは不明だと考えますが、今回の場合は下値余地がまだあるため更新する可能性を考えておいても良さそうです。図に示した通り、ダブルトップのネックラインをリトライするような動きがあればショートで入れそうです。〇で示した高値を上に抜けるとヒドゥンダイバージェンスは解消となりますが、その上には下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%が控えているためヒドゥンダイバージェンスの解消はそれほど気にしなくても良さそうです。15分足を見てみます。

15分足ではボトムをつけてやや大きめの初動で上昇しています。上昇がやや強いのが気になりますが、現在は大きい時間足で観測できるダブルトップを優先的に考えることにします。今後上下動しながらダブルトップのネックライン付近へ到達し、そこで弱気パターンが形成されるようならショートで入れそうです。下落したとして目先の下値ターゲットは4時間足で解説した通りで、700000より下は欲張らない方が良さそうです。

それでは、良い1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。