ビットコインFXチャート分析20180628朝

おはようございます、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

まずは日足チャートから始めます。

昨日のローソク足は小さな陽線でした。現在ビットコインは日足レベルで調整中の可能性があり、特に新しい情報はありません。トレードする上では短期のつもりで入って伸びればラッキーだと考える方が良さそうです。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足も昨夜の記事から大きく動いていないため新たな情報はありません。目先の上値ターゲットが下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%なのは変わらずですが、どのタイミングで達成してくるかは今のところは非常に読みにくい状況です。トレードする上では利幅を欲張らないことを意識しましょう。1時間足を見てみます。

1時間足では昨夜の記事の段階では直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%をわずかに未達成でしたが、今朝の上昇で達成してきました。そして長い上ヒゲをつけています。短期的な上値ターゲットを達成後に弱気パターンを形成しているため、ここからの下落は考えられそうです。昨夜の記事でも解説した通り、下落したとしても下値余地は大きくない可能性が高く、上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%より下は欲張らない方が良さそうです。15分足を見てみます。

15分足では今朝の高値トライでフィボ61.8%を達成してトップに包み足のようなパターンを形成しています。よって、ここから高値を超えられず反落するシナリオが有力シナリオとなりそうです。図に示したように短期的な高値リトライ後に下落するシナリオを想定しておきましょう。目先の下値ターゲットは1時間足で解説した通りです。

昨夜の段階では上値ターゲット未達成だったので、再度上昇して達成してくるのではないかと疑念を抱いている状態でしたが、現在はその疑念も払拭されています。とはいえテクニカルに100%の正確性はないため、トレードは常に謙虚に行いましょう。

それでは、よい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。