ビットコインFXチャート分析20180627昼

こんにちは、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

まずは日足チャートです。

昨日のローソク足は小さな陰線でした。現在ビットコインは日足レベルで調整中の可能性があり、特に新しい情報はありません。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では緩やかな下落から一旦上方向に反発しましたが、上値を抑えられてやや勢いよく下落しています。しかしこの1本の下落で直近の安値を更新できるかは不明なので、更新できない前提でトレーそした方が良さそうです。当初は直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%を目先の上値ターゲットに設定していましたが、この可能性は継続です。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では方向感がなく分かりにくい動きになっています。日足レベルの調整の内部なので仕方ありません。とはいえ、緩やかな下落の後には反発するし、パターンを形成すればその通りに動くことが多いので、超短期のトレードであればできないことはありません。現在は下落して、上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント50%付近で止められています。大きな下落の後なので基本戦略は戻り売りで良さそうです。今後図に示したように緩やかな上昇となれば、それを続落前の調整とみなして売り検討できそうです。ただし下値余地は大きくない可能性が高いのでフィボ61.8%より下は欲張らない方が良さそうです。15分足を見てみます。

15分足では安値圏で横方向に推移しています。今回も複数の短期シナリオが考えられますが、分かりやすい動きを一つピックアップして解説します。○で示した高値を超えられず反落するシナリオです。ここから緩やかな上昇となり○で示した高値に到達するまでにトップに弱気パターンが形成される場合はショートで入れそうです。○の高値を超える場合は小規模なWボトムとなるのでフィボ38.2%程度まで上昇する可能性があります。○の高値を超えた直後に弱気パターンを形成するシナリオもあるので頭の片隅に置いておきましょう。

何度も解説している通り、現在は日足レベルで調整中の可能性が高いです。分かりやすい動きでない限りは無理して取ろうとしない方が良い状況で、エントリーしたとしても利益を欲張らない方が良さそうです。

それでは、よい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。