ビットコインFXチャート分析20180625深夜

こんばんは、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

日足の分析はお昼の記事をご確認ください。4時間足チャートから始めます。

4時間足ではボトムをつけて強く上昇後に横方向に推移していましたが、少し前からまた上昇しています。お昼の記事でも解説した通り、最終的には直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%の上まで戻すことは想定しておいても良さそうです。1時間足を見てみます。

1時間足ではお昼に解説してから小さく上昇するもやや強めに叩かれ、そこから大きめに反発して直近の高値を更新してきました。トップに長い上ヒゲをつけていて直近高値より下でローソク足が完成しているので、あまりきれいではありませんが弱気パターンとみなせます。よって、最終的にフィボ61.8%を達成するにしても、ここから一時的な下落はありそうです。15分足を見てみます。

15分足では図のように2カ所を起点にトップまでフィボナッチリトレースメントを引いています。一つ目は日足のボトムから、二つ目は直近の上昇のボトムからです。小さいフィボ61.8%と大きいフィボ38.2%が近い位置にあるので、この付近は意識されそうです。今後、緩やかな下落でこの辺りに到達して強気パターンが形成されるようならロングで入れそうです。

お昼の記事でも解説した通り、現在は日足レベルの調整の内部である可能性が高いです。分かりにくい動きを取ろうとして失敗を続けて調子を崩さないように注意しましょう。そして、利益を欲張らないように注意しましょう。

それでは、よい夜を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。