ビットコインFXチャート分析20180620夜

こんばんは、うちゅーじんです。

ビットコインFXのチャート分析です。いつも通りビットフライヤーFXチャートを使って解説します。

4時間足チャートから始めます。

4時間足チャートでは下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%達成後に弱気パターンを形成して下落中でしたが、少し前からやや大きめに反発中です。この上昇で直近高値を更新できるかどうかは現時点では分かりませんが、この38.2%は強く意識されているようです。分かりにくい動きなので少し様子見した方が良さそうです。1時間足を見てみます。

1時間足では大きめの陽線が形成されました。直近高値を前にしてやや長めの上ヒゲをつけていますが、ローソク足のボディも大きいので判断しにくい状況です。やはり様子見が良さそうです。どうしてもトレードする場合は、この上昇を弱気パターン形成後の高値リトライと考えて直近高値にストップを置いてショートするなど戦略はいくつか考えられますが、必ず資金管理をした上で行いましょう。15分足を見てみます。

15分足では大きく上昇後は高値圏に止まっています。ここから緩やかな下落となれば、それが続伸前の調整となる可能性が高いです。しかしその後に上昇したとして、□で示した高値を超えられるかは分かりません。もし□に示した高値の手前で弱気パターンが形成される場合はショートで入れそうです。

現在は分かりにくい動きです。無理してトレードせず、分かりやすい動きになるのを待った方が良さそうです。このような相場で損失を出してしまうと、その損失を取り戻そうとして無理なトレードをしてしまいがちです。悪い循環に陥らないよう注意しましょう。

それでは良い夜を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。