ビットコインFXチャート分析20180613昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

まずは日足チャートです。

昨日のローソク足は陰線でした。もう少し調整の動きが続くシナリオを優先的に考えていましたが、そうはならず少しだけ安値を更新しました。短期足で解説しますが、ここからの下値余地は大きくないと思われます。当初から考えていた調整の動きが延期になっていると考えておきましょう。4時間足を見てみます。

4時間足では図に示した通り、エリオット波動をカウントできます。形がきれいではなくなったため途中からカウントをやめていましたが、このように5波目まできれいにカウントできる結果となりました。安値の更新幅が小さかったため、短期的な安値更新はあるにしてもそろそろ大きめの調整が来る可能性を考えておきましょう。とはいえトレンドは下なので短期的には下方向の動きを追いましょう。1時間足を見てみます。

1時間足ではボトムをつけた後は横方向に推移しています。普段なら続落前の調整と見なして図のように引いたフィボ38.2%付近からの戻り売りを主な戦略と考えるところですが、今回は少し違います。○で示した部分に注目しましょう。□で示した安値を更新するもその上でローソク足が完成していることが分かります。ヒゲが短いので判断しにくいですが、これは強気パターンです。つまり、現在ボトムに強気パターン(あまりきれいでない)が形成されているが、その後の形は続落前の調整になっている状況だということです。15分足を見てみます。

15分足では緩やかな上昇の内部の動きがよく分かります。短期的な戦略は、売りサイン確認後のショートで問題なさそうです。まもなくフィボ38.2%に到達しますが到達後のローソク足の形には注目です。必ずローソク足が完成してから売りサインを判断しましょう。売りサインが出ない場合はフィボ61.8%付近まで様子見した方が良さそうです。
そして下落したとして、安値を更新できるかは疑問です。安値を更新できず急反発する可能性も考えておきましょう。もし安値を更新する場合、そこでの買いサインには注目しておきましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。