ビットコインFXチャート分析20180608夜

こんばんは、うちゅーじんです。

夜のnoteです。

まずは日足チャートです。

今日のローソク足は今のところ小さな陰線です。日足の解説は昨日から変わっていないため引用します。

日足チャートは下落トレンドです。今回は分かりやすいように下落トレンドの安値更新&高値切下げの高値と安値を線で結んでいます。ボトムに強気パターンの包み足を形成後、緩やかに上昇しています。現在は下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント23.6%付近で上値を止められている状況です。ボトムからの上昇の勢いだけを見ると続落前の調整に見えなくもありません。ただし反転直後の初動は、市場がその方向に疑念を抱いているため緩やな場合があり、しかもその後の調整が深くなる傾向があります。現段階では方向感が明確でないため、上下どちらの可能性も考えて短期トレードに徹した方が良さそうです。

4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足ではボトムから上昇トレンドですが、高値の更新幅が小さく、しかも上昇に対する調整の下落が深くなっていること分かります。これは調整の特徴の一つなので、現時点ではこの上昇には疑念を抱いておいた方が安全です。とはいえ上昇トレンドであることに変わりないため、戦略は下落に警戒しながらの押し目買いです。今朝の時点では緩やかな下落だったため浅い押し目からの続伸を考えていましたが、そのままジリジリと下落を続け、最後にやや大きめに下落する展開となっています。トレンドラインが近くなってきているため、買い検討しても良さそうです。1時間足を見てみます。

1時間足では、図のように引いたフィボナッチリトレースメント61.8%まで下落が進行しました。ここから反発してもおかしくはありませんが、再度安値をトライしてそこで買いサインが出る状況になると非常に買いやすいです。朝の記事でも解説した通り、今後上昇したとしても青天井に伸びてゆくことは考えにくいため、ターゲットは欲張らない方が良さそうです。15分足を見てみます。

15分足ではボトムをつけて上昇中です。○で示した高値を上に抜けているため、既に下落トレンドは終了しています。今後、図のように緩やかな下落となればそれを続伸前の調整と見なして買いサインを探してエントリーできそうです。下落の勢いが強い場合は一旦様子見し、1時間足で解説した安値更新後に買いサインが出るシナリオを想定しておきましょう。買いサインが出ずトレンドラインを下にブレイクする場合は一旦様子見した方が良さそうです。きれいな形でトレンドラインへのリトライがあるようならショートで入れそうです。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい週末を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。