ビットコインFXチャート分析20180607昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

まずは日足チャートです。

日足チャートは下落トレンドです。今回は分かりやすいように下落トレンドの安値更新&高値切下げの高値と安値を線で結んでいます。ボトムに強気パターンの包み足を形成後、緩やかに上昇しています。現在は下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント23.6%付近で上値を止められている状況です。ボトムからの上昇の勢いだけを見ると続落前の調整に見えなくもありません。ただし反転直後の初動は、市場がその方向に疑念を抱いているため緩やな場合があり、しかもその後の調整が深くなる傾向があります。現段階では方向感が明確でないため、上下どちらの可能性も考えて短期トレードに徹した方が良さそうです。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では下落トレンドは終了し、現在は上昇トレンドです。日足と同様に高値更新&安値切上げの高値と安値を線で結んでいます。さらに安値同士を結んだトレンドラインを引いています。図を見ると、ボトムから上昇トレンドにはなっていますが、高値の更新幅が小さく、しかも上昇に対する調整の下落が深いことが分かります。これは調整の特徴の一つです。やはりこの上昇には疑念を抱いておいた方が安全です。といっても安易にショートポジションつ戦略は推奨しません。それぞれの階層のトレンドを意識し、自分がどの階層の動きを取ろうとしているのかを明確にした上でトレンドフォローを行いましょう。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足は乱高下しながらも上昇トレンドです。他の時間足と同様に線を引いています。一つ気になるのは、□で示した部分で弱気パターンを形成している点です。4時間足レベルでは高値の更新幅が小さい特徴があるため、高値にストップを置いてのショートは戦略としてはありだと思われます。ただし4時間足も1時間足も上昇トレンドなので、ここでショートを入れる場合は日足レベルのトレンドフォローということになります。短期足のトレンドフォローは買いなので、その点は理解しておきましょう。1時間足でトレンドフォローする場合は図のようにフィボナッチリトレースメントを引いて、緩やかな下落で38.2%付近に到達して買いサイン確認後のロングとなります。下落が強い場合は61.8%より下で待ちましょう。15分足を見てみます。

15分足も上昇トレンドです。ちょうど下からエリオット5波動が進行してきたような形になっています。まずは15分足のトレンドフォローを考えましょう。〇で示した安値を下に抜けると上昇トレンド終了となります。そこまでで買いサインが出るようならエントリーできそうです。ここで下落が止まらない場合は順次図のように示した意識されるラインでの動きに注目しておきましょう。最も下のラインは4時間足のトレンドラインです。

現在のBTC相場は方向感も不明瞭でボラティリティも小さい状況です。よって短期足のトレンドフォローを行いつつ長期足のトレンドを意識する戦略が有効です。無理して伸ばそうとすると期待はずれな結果になる場合が多いため、短期トレードのつもりでエントリーして伸びればラッキーという気持ちでトレードしましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。