ビットコインFXチャート分析20180601朝

おはようございます、うちゅーじんです。

朝のnoteです。

CryptowatchのビットフライヤーFXチャートが約13時間にわたり停止していた影響で、短期足で高精度な分析をすることが難しい状態になっています。よって、分析可能な状態になるまではBitfinexのBTC/USDチャートを使います。ビットフライヤーFXとほぼ同じタイミングで上下動するため、エントリーのタイミングを計ることはできます。ただし形が異なることに注意しましょう。

それでは始めましょう。

まずは日足です。

日足では図のように二本の線を引いています。一つは下落のトレンドライン、もう一つは以前に解説した方法で設定した下値ターゲットです。昨日のローソク足は小さな陽線でした。下値ターゲットは未達成の状態ですが、ボトムには強気パターンの包み足が形成されている状況です。強気パターン形成後の安値リトライから上昇となるか、安値を更新して下値ターゲットを達成するか、現在はその分岐点だと考えられます。短期トレードする前提でエントリーして、そのポジションが伸びればラッキーという気持ちで臨んだ方が結果的に上手くいくことが多いです。資金管理を徹底したうえで臨みましょう。次に4時間足で内部の動きを見てみますが、やや気になる形になってきました。

4時間足チャートです。ボトムをつけて大きめに反発後、やや大きめに上下動を繰り返しながら上昇しています。この上昇の形がウェッジに見えています。よって、上昇したとしても高値の更新幅が小さいようであれば、やや大きめに反落する可能性が高いです。ちょうど直近の上昇に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%とトレンドラインも上に控えているので上値は重くなりがちです。現時点でウェッジと決めつけるのは時期尚早ですが、図に示したシナリオは必ず考えておきましょう。次に1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では荒い動きとなっています。今のところは図のように描いたウェッジの中に収まっているため、下に引き付けてロング、上に引き付けてショートが最適な戦略だと思われます。短期的には下に引き付けて買いたいところですが、既にやや大きめに上昇してしまっています。内部の動きを分析することで押し目を拾いたいところです。15分足を見てみます。

15分足ではボトムに3本のヒゲをつけて反発し、現在は調整に入ったような動きです。ここから緩やかな下落となり、5分足で強気パターンが出現するようなら買えそうです。安値更新後に強気パターンが形成される場合もあるので注視しておきましょう。そして、もし強い下落でウェッジラインの下限をブレイクする場合は、その後にリトライの動きがある場合に限ってショートで入れそうです。現在は難しい相場です。売りでも買いでもエントリーのチャンスはありますが、焦らずきれいなパターンを確認後にエントリーすることを推奨します。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。