ビットコインFXチャート分析20180529夜

こんばんは、うちゅーじんです。

夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足チャートです。

今日のローソク足は今のところ陽線です。このまま完成すれば包み足に近い形になります。包み足は強気パターンの一つです。明日09:00の完成を待ってみないと判断できないため、まだ楽観できない状態ではあります。とりあえずは短期足でトレンドフォローしながら日足の完成を待つ展開となりそうです。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足ではやや大きめな陽線で反発しました。上に少しヒゲが付いていますが気にするほどではありません。次の意識されるラインは、下落全体に引いたトレンドラインと、直近の下落に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%です。大きく見るとまだ下落トレンドである点、続伸するにしても安値リトライがある場合が多い点、この2点から判断すると、場合によってはまだショートでそこそこの値幅を取れる可能性があります。フィボ38.2%とトレンドラインが近づいたときの動きには注目しておきましょう。1時間足を見てみます。

1時間足ではここ最近はボラティリティが小さかったこともあり、今回の上昇の大きさがよく分かります。大きな陽線の後なので調整からの続伸を考えたいところですが、上値が重そうなので調整を待った方が良さそうです。15分足を見てみます。

15分足ではフィボナッチリトレースメントを引きにくい状態なので、とりあえず図のように引いています。ボトムから上方向にエリオット波動が進行中だとすると、現在は4波目の途中だと考えられます。今後、図のように横方向に推移してボトムに買いサインが出るようなら5波目の上昇を取れそうです。買いサインが出ず大きな陰線で下落する場合は様子見しましょう。

ちなみに今回の上昇ですが、BitfinexのBTC/USDチャート1時間足を見ていると察知しやすかったようです。僕は後から気が付きました。

これがBitfiexのBTC/USDの1時間足です。図のようにウェッジ型になっており、ウェッジ下限でヒゲを多くつけて底堅そうな形になっています。(15分足ではきれいな買いサインも出現しています。)ビットフライヤーFXの1時間足チャートと比較すると違いがよく分ると思います。Bitfinexのチャートを見ていた方はロングポジションを持てていたかもしれません。
ただし、過去にはビットフライヤーFXのチャートのみきれいなパターンが出現した例も多くあるため、どちらのチャートも確認した方が良いです。混乱の原因にもなるため、慣れないうちは一つに絞って分析することを推奨します。

現在はやや荒い値動きです。仮に大きく上昇する場合でも安値リトライがあることが多いので、動きが落ち着いてからトレードを再開しても決して遅くはありません。無理にエントリーして何度も損切りをしてしまうと、損失を取り戻すためにさらに無理をしてしまうという悪循環に陥る可能性があるので気を付けましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい夜を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。