ビットコインFXチャート分析20180525夜

こんばんは、うちゅーじんです。

少し遅くなりましたが夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足はお昼から動いていないため省略、
4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

今夜の記事ではここでロングを入れた根拠についても解説します。

昨日の記事ではエリオット波動を用いて6時間足で二つの中期シナリオを載せています。まだご覧になっていない方はどうぞ。記事最下部にリンクを貼っています。

それでは始めましょう。

4時間足チャートです。

やや強めの初動でボトムから反発し、再度安値をトライするも1回の下落では抜けきれずまた反発している状況です。お昼の記事で解説した通り、ビットフライヤーFXではご覧の通りの形ですが、BitfinexのBTC/USDでは反転パターンの2barが形成されています。次の通りです。

こちらがBitfinexのBTC/USDチャート4時間足です。□で示した部分が2barです。反転パターン形成後に安値リトライがあり反発することはよくあるのですが、今回の場合は判断が少し難しいです。というのも、安値リトライ時の下落の勢いが強かったためです。緩やかな下落で安値リトライがあれば買ってやや長めに持てそうな状況だったのですが、下落の勢いが強かったため楽観しない方がよさそうです。

1時間足を見てみます。以下はすべてビットフライヤーFXのチャートです。

1時間足チャートでは下値圏で大きく乱高下しています。4時間足でも解説した通り、安値リトライの勢いが強いです。緩やかな下落で安値リトライすれば図に示した上の横線のフィボ61.8%付近までの上昇も考えられそうでしたが、その可能性はやや低くなってしまいました。直近ではやや強めに上昇するも上値を止められている状況です。現在の状況を見る限りだと、この下値圏での上下動全体をを下落途中の調整とみなしても良いかもしれません。15分足を見てみます。

15分足では図のように下方向にエリオット5波動がきれいに進行後、強い初動で急上昇しました。上昇後は長いヒゲを付けていますが反落しておらず高値圏に留まっています。よってもう少し上値余地はありそうです。まだ下落全体に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%を達成していないため、まずはここまでの上昇を想定しておきましょう。と言っても値幅はわずかです。もし今後、図のようにだんだん勢いを弱めながら上昇していった場合はどこかのタイミングで下落する可能性が高いため売りサインを探してエントリーできそうです。強い勢いで上昇した場合、まずは〇で示した高値手前での売りサインに着目しましょう。そこを超えても1時間足で示したフィボ38.2%があるため一気に強く上に抜けることは考えにくい状況です。

あのポジションを持った根拠について

まずは4時間足のボトムの形に注目しました。

この部分ですが、上で解説した通りBitfinexでは2barが形成されています。よって当初は安値リトライからの買いを検討していました。しかし予想より安値リトライの勢いが強かったため安値更新も視野に入れてチャートを注視していました。

15分足で内部を見ると下方向にエリオット波動の推進波が出現していました。5波目が終われば調整に入ることを考えていました。同時にRSIのダイバージェンスから勢いの低下を察知していました。よって安値を更新するにしても一旦の調整を挟むだろうと推測しました。さらに、運が良ければ当初の想定通り2bar後の安値リトライから上昇というシナリオにも乗れる可能性を考えました。

重要なのはエントリーラインとストップライン、そしてストップ幅と同じだけ利益方向に動いたライン(最小ターゲットと呼ぶ)の関係です。僕は最小ターゲットを達成できそうにない場合はエントリーしません。仮に勝率50%だと仮定してストップか最小ターゲットで決済するというトレードを繰り返した場合、トータルの利益はプラスマイナスゼロとなります。(厳密にはスリップ等でマイナスになりますが今回は省略します。)今回は最小ターゲットを達成できそうでした。

ちなみに5分足を見てエントリーしました。矢印で示したローソク足が完成したときのことです。

以上が「あのポジションを持った理由」についてです。
最小ターゲットについては別のnoteに載せる予定でしたが、重要なことなので今回載せました。この知識によって大きく進歩する方もいらっしゃると思います。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。