ビットコインFXチャート分析20180517昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足です。

昨日のローソク足はやや下ヒゲのある陰線でした。値幅が小さいのでそれほど気にする必要は無さそうです。変わらず目先の売りターゲットは日足に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%の872100ですが、日足では5日間ほど横方向に推移しており方向感がなくやりにくい相場です。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では図のように引いたトレンドラインを下にブレイク後は大きめに上下動しながら横方向に推移しており、その過程でトレンドラインの下限を何度もリトライするような動きとなっています。この動きは、現時点では○の安値を下に抜ける前の調整に見えています。大きく動いた後の横方向の動きは調整と見なすためです。このまま横方向に推移するようなら続落の可能性が高まります。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では下落トレンドのトップから安値更新&高値切下げのラインを描いています。〇で示した高値を上に抜けると1時間足の下落トレンドはいったん終了となります。よって、売る場合の安全なストップ位置は〇で示した高値です。ただし、できるだけストップ位置をエントリー位置に近づけることによりストップ幅を小さくし、その分ポジション量を増やすという方法が理想的です。そのためには短期足を分析し、短期足でエントリーすることが必要不可欠です。15分足を見てみます。

15分足では内部の動きがよく分かります。図に示した通り、トレンドラインを大きくリトライして下落し、再度トレンドラインをしつこくリトライする動きとなっています。ただ、さきほどのリトライでRSIにダイバージェンスがついています。しかも直近高値を抜けた後にヒゲを付けて下に戻しています。これは売りサインと見なして問題ありません。この場合のストップ位置は〇で示した高値です。1時間足での分析よりストップ位置を狭めることができました。既にフィボ38.2%をつけているため、ここから下落が始まってもおかしくありません。ただし、ここから1本の下落で安値更新できるかは疑問で、しばらく4時間足レベルで横方向の動きが続く可能性もあります。下値を更新できればラッキーという気持ちでトレードした方が安全そうです。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。