ビットコインFXチャート分析20180515昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

昨日は上下に長めのヒゲのある十字線だったため、日足からは方向感を掴む手掛かりを得ることはできません。ただし、4時間足で解説する意識されるラインを達成してやや弱気なパターンを形成しています。それは後ほど解説します。何度かお伝えしている通り、仮にここから大きめに上昇したとしても直近高値を更新できるかは疑問で、そこが絶好の戻り売りポイントになる可能性があります。チャートの左の方の□で示した部分のような動きになる可能性は想定しておきましょう。初動に対する調整は深い場合が多いです。これは、市場がまだその方向に対して懐疑的だからです。重要なので理解しておきましょう。すでに底を付けてここから上昇するシナリオは昨夜の記事に書いてあるのでそちらをお読みください。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足では二カ所にフィボナッチリトレースメントを引いています。一つは下落全体、もう一つは直近の下落です。図に横線で示している通り、両者の38.2%と61.8%がほぼ同じ位置にあるためこの付近は強く意識されそうで、戻り売りをするならここまで待つというのが昨夜の時点での戦略でした。達成するのが想定より早かったですが、達成後には長い上ヒゲをつけ、直近の高値より下でローソク足が完成しています。今回はあまりきれいな形ではありませんが弱気パターン(売りサイン)と見なして問題ないと思われます。ただし、そもそもテクニカルに100%の確実性はないのでトレードは謙虚に行いましょう。1時間足を見てみます。

1時間足ではトップをつけて急落、その後やや反発するも上値を抑えられている状況です。既に日足レベルの戻り売りポイントの一つを達成しているため、あと何回かの高値トライはあるにしてもここから下落してもおかしくはない状況です。ただし、新規ポジションを入れる場合はできるだけ高値に引き付けて売りたいです。15分足を見てみます。

15分足では下落後の横方向の動きの内部がよく分かります。今後、図のように緩やかな上昇で高値リトライしフィボ61.8%を達成するようなら高値にストップを置いて戻り売りできそうです。売りサインが出る場合は売りサインの高値にストップを置くことによりストップ幅を狭められるので、推奨は売りサイン確認後のエントリーです。売り遅れた場合は図に示したトレンドラインをブレイク、もしくはブレイク後のリトライのときにチャンスがあります。慌てないようにしましょう。もし急上昇して上ヒゲの短い状態でローソク足が完成する場合は危険なので様子見しましょう。場合によっては戦略変更する必要があります。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。