ビットコインFXチャート分析20180514昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

トップからやや大きめに下落して、上昇全体に引いたフィボナッチリトレースメント50%付近で止められて現在は緩やかに上昇中です。下落に対する上昇の勢いを見る限りでは、この上昇は今のところ調整に見えます。図のようにこのままの緩やかな勢いで図のように推移すると続落の可能性が高まります。逆に、勢いよく上昇したとしても1本の上昇では高値更新できない可能性が高いです。落ち着いて今後の動きを見守りましょう。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足はきれいな下落トレンドです。直近の下落が非常に強い上に、まだトレンド転換の兆候は見られないため、基本的には戻り売り戦略です。現在は直近の下落1本に対する50%戻しラインで上昇が止められて反落している状況です。実は下落が始まる前から記事を作成中で、緩やかな勢いのまま61.8%タッチに行ってくれると非常に売り検討しやすい状況だということを書いていたのですが、理想的な売り検討ポイントに到達する前に下落が始まってしまいました。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では内部の動きがよく分かります。見ての通り、陰線と陽線が入り混じりながら緩やかに上昇してフィボ50%を達成後に下落しています。この下落でトレンドラインを下にブレイクしているため、ここから考えられる戦略としてやりやすいものは、トレンドラインをリトライする動きからの売りです。

15分足では大きく下落中です。ここからショートで入るのはやや危険なので、調整を待ちたいです。もし調整が始まり、図のようにトレンドラインをリトライするような動きとなり、トップで売りサインが出るようであればショートで入れそうです。ただし、もし上昇の勢いが強く、1時間足のローソク足がトレンドラインの上で完成するようであれば一旦様子見をしましょう。4時間足のフィボ61.8%まで戻る可能性が出てきます。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。