ビットコインFXチャート分析20180510昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。

昨日は陽線でした。ダイバージェンスがついた後にヒドゥンダイバージェンスがついています。当初よりヒドゥンダイバージェンスの基点である○で示した安値までには高値リトライがある可能性を指摘していましたが、そのリトライが始まった可能性が高いです。この高値リトライで高値更新できるかどうかは現時点では疑問なので油断しないようにしましょう。4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足は直近では日足ヒドゥンダイバージェンスの基点からトップに引いたフィボナッチリトレースメント78.6%の手前から反発しています。直近では上昇後に、下落に対する38.2%戻しライン付近で調整中です。今後の動きによっては買いで入れそうです。1時間足で内部の動きを見てみます。

1時間足では横方向に推移しています。上値はやや重そうですが下落すると買われている状況です。今後のシナリオは複数ありますが、どれも4時間足に引いたフィボ61.8%を目指す説が有力だと考えています。下でロングポジションを持っている方は問題ないのですが、新規ポジションを入れるとなると少しやりにくい状況です。もしこれから緩やかに下落を始めて、下で買いサインが出るようであれば新規のロングポジションを入れられそうです。15分足を見てみます。

15分足では調整の内部の動きがよく分かります。ここから上昇してもおかしくありませんが、かと言って新規ポジションを入れるには不適切な場所です。〇で示した安値が15分足の上昇トレンド終了ラインなので、買う場合はできるだけこのラインに引き付けたいところです。ただしその場合はローソク足の完成を待って長めのヒゲを確認してからです。もしこの安値を下に抜けるようであれば1時間足で示したシナリオの深い押し目となる可能性があります。フィボナッチナンバー付近での買いサインを待ちましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それではよい1日を。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。