ビットコインFXチャート分析20180504夜

こんばんは、うちゅーじんです。

夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足チャートです。

弱気パターンを形成していた直近高値を上に抜け、現在も上昇中です。当初の買いターゲットまであとわずかのところまで上昇しています。既にダイバージェンスがついているため勢いは低下していると思われますが、もう少し上値余地がありそうです。ここからどのような動きになるかを考えるために4時間足で内部の動きを見てみます。

4時間足ではエリオット波動をカウントします。有力なカウント方法は現時点で何通りかありますが、お昼の記事と同様に図のカウントを採用します。何度もお伝えしている通り、エリオット波動のカウントは間違っていても問題ありません。重要なのは、とにかくトレンドフォローを心がけることです。現在はエリオット5波目が進行中で、この上昇で日足の買いターゲットを達成するシナリオが今のところ有力です。短期的には上下動しながら上昇するため、短期足の分析も重要です。1時間足を見てみます。

1時間足では朝の高値を更新し、現在は緩やかに下落中です。この下落の形は続伸前の調整に見えており、15分足で買いサインを探してエントリーできそうです。お昼の記事でも述べた通り、ここからは一直線にターゲットを目指して急上昇すような動きではなく、図のように上下動を繰り返しながら上昇してターゲットを達成する動きになりそうです。その過程でダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスを繰り返しつけることは多いです。ちなみに現時点ではヒドゥンダイバージェンスはついていません。
・ダイバージェンス:勢いの低下
・ヒドゥンダイバージェンス:リトライの可能性
このように理解しておくと良いです。
15分足を見てみます。

15分足では緩やかな下落の内部の動きがよく見えます。下落の初動が大きかったため深めの調整に警戒しておいた方が良いですが、下がればヒゲで返されています。よって、ここから再度○で示した安値をトライしてヒゲで返されるようなら買ってもよさそうです。図のようにフィボ61.8%まで下落して買いサインが出てくれると非常に買いやすい状況です。

【【【note読者の皆様にお願い】】】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは引き続き良いGWを。

この記事は将来の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。