ビットコインFXチャート分析20180425深夜

こんばんは、うちゅーじんです。

僕のnoteは深夜に買ってくださる方々が意外と多いので、今のうちに情報を新しくしておきます。

深夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足チャートです。

今日のローソク足は現時点では大きな陰線で、しかも昨日のローソク足とほぼ同じ長さです。以前に何度か記事に出てきましたが、このローソク足パターンを2bar(ツーバーリバーサル)といいます。ちなみに反転サインです。まだローソク足が完成していないので2barと判断するには時期尚早ですが、もし日足が2barになった場合は素直に従った方が良いです。その場合、日足レベルの買いターゲットであるフィボ61.8%は未達成ですが一旦は忘れて次の上昇時の買いターゲットとしての再登場を待ちましょう。ちなみに、夜の記事でも軽く触れましたが、次に説明する4時間足でも弱気なローソク足パターンが出ています。

4時間足チャートでは、トップに包み足っぽいローソク足パターンが出現しています。ローソク足が完成した段階で気付いてはいたのですが、ダイバージェンス解消の直後だったことと、買いターゲット未達成だったこともあり重要視していませんでした。押し目無く上昇する相場の影響で「押し目買いをしたい」という気持ちが分析を邪魔した結果と言えます。この下落はどこまで続くのかを、1時間足を見て予測してみます。

1時間足では現在フィボ61.8%付近なので反発してもおかしくありませんが、現時点で明確な買いサインは出ていません。また、強い下落の後なので、ここから上昇しても一気に高値を更新するのは厳しそうです。よって、上昇したとしてもフィボ61.8%付近を最大のターゲットにしておくのが安全です。形によってはそこからショートで入れる可能性もあります。15分足でさらに詳しく見てみます。

15分足は下落トレンドです。下に長い下ヒゲとダイバージェンスがついていますが、直近の上昇を見るとそれほど強くありません。この階層のトレンドをフォローするためには図のようにフィボナッチリトレースメントを引いて戻り売りです。直近の上昇は既にフィボ50%をつけているので、61.8%付近までの戻りを考えておいた方が良いです。ただし、フィボ61.8%からの戻り売りでは直近安値を下抜けしない前提でトレードする方が安全です。伸ばす場合は半分利確するなどしておくことを推奨します。

ちなみに、もし日足レベルでの下落が始まった場合、意識されるラインは次のようになります。

ただし、日足は未完成なのであくまで可能性の一つとして頭の片隅に置いておきましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い夜を。

これは将来の値動きを保証するものではなく、あくまで僕の母星の情報に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。