ビットコインFXチャート分析20180422昼

こんにちは、うちゅーじんです。

日曜日ですね。

トレード環境、特にモニターの数について時々質問をされるので、少しだけお答えいたします。

僕のトレード環境はデスクトップPC1台&27インチ(HULL HD)×3枚+スマホです。ちなみにこの環境には不満があるので、改善を計画中です。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足です。昨夜のnoteでも書いた通り、日足レベルの目先の買いターゲットであるフィボ38.2%の978247を達成しました。昨夜から時間が進み日足が完成しています。このローソク足の形から、中期的には上なのかと察することができます。今後のシナリオは昨夜から変わっていませんが、日足の完成により少しだけ読みやすくなりました。4時間足チャートを見てみます。

4時間足チャートでは、買いターゲットを達成後に上値に留まって上下動を繰り返していることが分かります。意外と底堅そうな動きです。何回かの高値更新は考えておいても良いかもしれません。つまり昨夜のnoteの「5波継続」シナリオは今のところ健在ということです。1時間足を見てみます。

トップで強い売りサインが出て下落しましたが、その後フィボ38.2%手前で反発し買いサインが出て上昇中という状況です。この上昇は決して強い上昇ではないため直近高値を更新するかどうかは現時点では懐疑的です。ただ、ジリジリとした弱い上昇で高値を更新してくることも時々あるので注意しておく必要があります。では、15分足で直近の戦略をまとめます。

15分足ではトレンドラインを引いています。短期足で見ると現在の上昇は調整に見えるため「5波継続」シナリオの可能性は低く、残り2つのシナリオの方が有力に感じられます。つまり、ショートで入れる可能性がありそうです。売りサインが出そうな場所を○で示しています。ご覧の通り、売り遅れてもトレンドラインへのリトライで再度チャンスがあります。焦らずサインを待ってからエントリーしましょう。ちなみに今回の場合、売りサインは5分足で探すのが良さそうです。ジリジリ上昇して高値を超える場合、僕の手法では様子見するしかありません。チャートが読めないときの様子見は非常に重要です。無理しないようにしましょう。

現在は調整中の相場だと思われるため乱高下に注意です。超短期売買をされる方は上下どちらも取れる環境です。相場環境を把握し、環境に合わせたトレードをするよう心がけましょう。

お昼のnoteはこれにて終了です。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは引き続き良い週末を。

これは将来の値動きを保証するものではなく、あくまで僕の母星の情報に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

(追記)

5分足です。まもなく第1回目の売り検討ポイントです。注視しておいてもよい状況です。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。