ビットコインFXチャート分析20180420夜

こんばんは、うちゅーじんです。

結局BTCは上昇し、4時間足レベルの直近高値を上抜けしてきました。お昼のnoteでは優先シナリオとして短期的にはロングと言いつつも、追記に書いた通り僕自身のポシションはショートでした。僕がそうした理由は、その方が利幅が大きいと考えたからです。もちろんトレードスタイルの違いもあります。結局ストップにかかり損失に終わっていますが、これはあくまで損切りであり、失敗ではありません。損切りを許容すると勝率は下がりますが、それ以上に利益を伸ばせばよいのです。僕自身はトレードの勝率はそれほど高くありません。仮に勝率が50%だとすると「1歩下がって2歩進む」を繰り返せば、トータルでプラスになりますよね。

夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
いつも通り、日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

買いサインってどんなやつ?

今夜のnoteではこの質問にもお答えします。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足チャートです。

直近高値を更新してきました。まだローソク足が完成していないため注視する必要はありますが、目先の上値ターゲットフィボ38.2%の978247が急に近くなったように感じます。長い上ヒゲをつけたローソク足になると弱気パターンになりますが、今のところほとんど心配なさそうです。4時間足で内部を見てみます。

ご覧の通り3波の高値を更新しています。ローソク足がきれいに完成しているので、ここから急落の可能性は低いと思われます。4時間足では今まで通りエリオット波動をカウントします。今回の上昇で3波の高値を更新したことにより、4波がほぼ確定となりました。現在は5波が進行中と思われ、この上昇で日足レベルの目先の買いターゲット978247を達成する可能性が高いです。とは言っても短期足では上下動しながら上昇するので、最適な押し目買いのタイミングを計る必要があります。次に1時間足を見てみます。

上値が重そうなチャートから一変、やや大きめの陽線が出現しました。現在は上値に3本のヒゲをつけて一時停止中です。ここからの戦略は非常に単純で、15分足での押し目買いです。早速15分足を見てみます。

買いサインに関する質問が非常に多いので、ここで載せてみます。○で示した部分が買いサインの一種です。お昼のnoteではちょうどの最初の買いサインが完成しようとしているタイミングでした。タイムリーに見られた方はラッキーでしたね。今後の戦略は、図に示してある通り直近の上昇に対してフィボナッチリトレースメントをひき、23.6%~38.2%で買いサインを探しての押し目買いです。買いサインなく急落する場合は様子を見たほうが良いです。もし大きく下落する場合は1時間足に引いたフィボナッチナンバーが意識されます。両方を見ながら上手く押し目を拾ってゆきましょう。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い週末を。

これは将来の値動きを保証するものではなく、あくまで僕の母星の情報に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。